このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動




サイトメニューここまで
本文ここから

先人を偲ぶ 永田 定右衛門

ページ番号:405-654-689

最終更新日:2017年3月24日

永田 定右衛門(ながた さだえもん)1851から1919年

鯖江市域から選出された最初の衆議院議員

 永田定右衛門は嘉永4年(1851年)11月15日、鯖江町湯浅重次郎(ゆあさしげじろう)の次男として生まれています。幼名を嘉太郎(かたろう)といいました。湯浅家は代々鯖江藩士の家柄ですから、嘉太郎も藩校で学ぶなど藩士の子弟としての教育を受けていました。
 明治4年(1871年)4月、嘉太郎は下氏家の永田家に養子に迎えられることになりました。翌月の5月には家督を相続し永田家当主になり定右衛門を襲名しています。
 ところで、明治15年、杉田定一の提唱により南越自由党が組織されました。南越自由党というのは機関紙「北陸自由新聞」の発行や政談演説会の開催を通して自由民権運動の興隆を目指した政治団体です。南越自由党は後、南越倶楽部に改称することになりますがその中心的人物であったのがこの定右衛門です。
 定右衛門は県議会議員に当選し、副議長を歴任する一方、南越倶楽部副会頭として幅広く活躍し「土着の民権運動家」として広く知れ渡っていました。同23年7月の第1回衆議院議員選挙では3区(丹生郡)から立候補した定右衛門はこれに当選。板垣退助を助け、党の発展に尽力したと伝えられています。大正8年8月没。
「ふるさと散歩道」

お問い合わせ

このページは、めがねのまちさばえ戦略室が担当しています。

〒916-8666 鯖江市西山町13番1号(市役所本館3階)

シティプロモーショングループ
TEL:0778-53-2202
TEL:0778-53-2203
FAX:0778-51-8161
さばえブランド推進グループ
TEL:0778-53-2263
FAX:0778-51-8150

このページの担当にお問い合わせをする。

情報がみつからないときは

サブナビゲーションここまで

鯖江市章
〒916-8666 福井県鯖江市西山町13番1号
TEL:0778-51-2200(代表)
FAX:0778-51-8161
  • 鯖江市の花・木・鳥
    つつじ・さくら・おしどり
  • 人口と世帯
  • 鯖江市の動物レッサーパンダ
    メガメガ・ウルウル
トップへ戻る
Copyright (c) Sabae City. All Rights Reserved.
このページのトップに戻る