このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動




サイトメニューここまで
本文ここから

先人を偲ぶ 西島 俊庵

ページ番号:172-881-214

最終更新日:2017年3月24日

西島 俊庵(にしじま しゅんあん)1785年から1810年

鯖江藩の藩医 杉田玄白らに師事

 鯖江藩で藩医として活躍した西島家の墓石が長泉寺町の西福寺の墓地にあることはあまり知られてないようです。
 西島家は、周庵、俊庵、玄達、玄仲、周庵と続き、代々鯖江藩の藩医でした。そのうち西島俊庵は、小笠原忠七の次男でしたが、寛政12年(1800年)5月、西島家の養子に入っています。俊庵がいつ頃から医学の道を志したのかはわかっていませんが、この時俊庵は若干15歳で藩の表医師に就任していますからさしずめ青年医師といったところでしょう。
 さて、俊庵は享和3年(1803年)11月、江戸に上京、蘭学者の杉田玄白(小浜藩医)や大槻玄沢(仙台藩医)に師事しています。間部家文書によれば、俊庵は大槻が所蔵していた医学書をことごとく筆写したことが記録されています。そして、俊庵は文化5年(1808年)には江戸千住小塚原での解剖実験に参加、有志の医師にもこれを参観させるなど幅広い活躍をしています。
 江戸遊学を終えた俊庵は、その前途を嘱望されていましたが、文化7年(1810年)1月10日、24歳の若さで没しています。西福寺の墓石は門人が建てたものと伝えられています。
 なお、西島家は玄仲の代に故あって「雨宮」と名字を改めていることをつけ加えておきます。
「ふるさと散歩道」

お問い合わせ

このページは、めがねのまちさばえ戦略室が担当しています。

〒916-8666 鯖江市西山町13番1号(市役所本館3階)

シティプロモーショングループ
TEL:0778-53-2202
TEL:0778-53-2203
FAX:0778-51-8161
さばえブランド推進グループ
TEL:0778-53-2263
FAX:0778-51-8150

このページの担当にお問い合わせをする。

情報がみつからないときは

サブナビゲーションここまで

鯖江市章
〒916-8666 福井県鯖江市西山町13番1号
TEL:0778-51-2200(代表)
FAX:0778-51-8161
  • 鯖江市の花・木・鳥
    つつじ・さくら・おしどり
  • 人口と世帯
  • 鯖江市の動物レッサーパンダ
    メガメガ・ウルウル
トップへ戻る
Copyright (c) Sabae City. All Rights Reserved.
このページのトップに戻る