このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動




サイトメニューここまで
本文ここから

先人を偲ぶ 今立 吐酔

ページ番号:834-171-249

最終更新日:2017年3月24日

今立 吐酔(いまだて とすい)1855年から1931年

グリフィスとの交流

 安政二年(1855年)、今立郡松成村(現在の松成町)満願寺に生まれた吐酔は、十六歳のときに福井藩の藩校明新館(めいしんかん)に入学します。当時、明新館では、外国から優秀な教官を招き、その思想や技術を習うことに努めていました。外国からきた教官の代表が、アメリカの理化学教師グリフィスです。グリフィスが明新館の教師として生活したのはわずか十カ月ほどでしたが、この間、吐酔など多くの若者に影響を与えています。

お問い合わせ

このページは、めがねのまちさばえ戦略室が担当しています。

〒916-8666 鯖江市西山町13番1号(市役所本館3階)

シティプロモーショングループ
TEL:0778-53-2202
TEL:0778-53-2203
FAX:0778-51-8161
さばえブランド推進グループ
TEL:0778-53-2263
FAX:0778-51-8150

このページの担当にお問い合わせをする。

情報がみつからないときは

サブナビゲーションここまで

鯖江市章
〒916-8666 福井県鯖江市西山町13番1号
TEL:0778-51-2200(代表)
FAX:0778-51-8161
  • 鯖江市の花・木・鳥
    つつじ・さくら・おしどり
  • 人口と世帯
  • 鯖江市の動物レッサーパンダ
    メガメガ・ウルウル
トップへ戻る
Copyright (c) Sabae City. All Rights Reserved.
このページのトップに戻る