このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動




サイトメニューここまで
本文ここから

ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン予防接種について

ページ番号:320-680-466

最終更新日:2017年3月24日

ヒブ(インフルエンザ菌b型)ワクチン・小児用肺炎球菌ワクチンとは?

細菌性髄膜炎などを予防することができるワクチンです。細菌性髄膜炎は、体の中で最も大切な部分ともいえる脳や脊髄を包んでいる「髄膜」に細菌やウイルスが感染して炎症が起こる病気です。日本では毎年約100人の子どもがかかっているといわれてます。また、発症例の約半数が1才未満の赤ちゃんです。この細菌性髄膜炎の主な原因菌となるのが、「ヒブ(インフルエンザ菌b型)」と「肺炎球菌」という細菌です。

接種対象者

対象者の人には「通知書(はがき)」等を郵送します。

○ヒブワクチン・小児用肺炎球菌ワクチン

 鯖江市に住所がある、生後2か月から5歳未満までのお子さん
 ※生後2か月になる月の上旬に「通知書(はがき)」等を郵送します。

接種回数

○ヒブワクチン・小児用肺炎球菌ワクチン
お子さんの1回目の接種を開始する月齢 ヒブワクチン 小児用肺炎球菌ワクチン
生後2か月から7か月未満 初回免疫として27日以上(できれば27日から56日)の間隔で3回接種後、追加免疫として7か月以上(できれば7か月から13か月)の間隔をあけて1回接種の計4回 初回免疫として27日以上の間隔で3回接種後、追加免疫として60日以上の間隔をあけて、かつ1歳を過ぎてから1回接種の計4回
生後7か月から1歳未満 初回免疫として27日以上(できれば27日から56日)の間隔で2回接種後、追加免疫として7か月以上(できれば7か月から13か月)の間隔をあけて1回接種の計3回 初回免疫として27日以上の間隔で2回接種後、追加免疫として60日以上の間隔をあけて、かつ1歳を過ぎてから1回接種の計3回
1歳から2歳未満 1回のみの接種 60日以上の間隔をあけて2回接種
2歳から5歳未満

1回のみの接種

1回のみの接種

備考:開始時期により接種回数等が変わります。他の予防接種との間隔など、詳しい接種方法は、かかりつけ医にご相談ください。

転入者の人へ

 鯖江市に転入された人で、「通知書(はがき)」等の書類が届いていない方は、健康づくり課までご連絡ください。

自費で接種された人へ

 自費で接種されている場合も、必ず接種日をお知らせください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは、健康づくり課が担当しています。

〒916-0022 鯖江市水落町2丁目30番1号(アイアイ鯖江内)

健康増進グループ
TEL:0778-52-1138
FAX:0778-52-1116
母子保健グループ
TEL:0778-52-1138
FAX:0778-52-1116

このページの担当にお問い合わせをする。

情報がみつからないときは

サブナビゲーションここまで

鯖江市章
〒916-8666 福井県鯖江市西山町13番1号
TEL:0778-51-2200(代表)
FAX:0778-51-8161
  • 鯖江市の花・木・鳥
    つつじ・さくら・おしどり
  • 人口と世帯
  • 鯖江市の動物レッサーパンダ
    メガメガ・ウルウル
トップへ戻る
Copyright (c) Sabae City. All Rights Reserved.
このページのトップに戻る