このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動




サイトメニューここまで
本文ここから

アンワルルK.チャウドリー大使 来鯖 ~さばえSDGs推進シンポジウム~

ページ番号:475-075-238

最終更新日:2019年12月26日

 国連の女性問題の第一人者であるアンワルルK.チャウドリー大使が12月5日から7日の3日間、鯖江市を訪問されました。訪問中には、めがね会館での記者会見やあおいこども園での「眼育」の視察、各企業の視察など鯖江市の取り組みを見ていただき、議場でのスピーチや市内中学校での講演では、市民や子供たちに向けて力強いメッセージをいただきました。最終日には、さばえSDGs推進シンポジウムにへ出席され、冒頭のスピーチやパネルディスカッションを行い、最後はSDGsに取り組んでいる企業や団体の代表、地元の小・中・高・大学生の約40人と一緒に「SDGsさばえ宣言」を行って締めくくりました。

12月5日

鯖江市役所へ来庁

 12月5日、午前中、福井県庁で知事表敬を終えた後、鯖江市役所に到着し、市議会議場でスピーチを行いました。スピーチでは、JK課などの若い女性がまちづくりに関心を持ち、地域の中に居場所と出番を自ら作り出している点は世界的なモデルになる事例であるとし、今後は、世界の女性活躍の歴史や最新の取り組みの紹介、また市が取り組む女性活躍の取り組みを紹介できる拠点として、女性資料館を設置し、将来的に鯖江市で国際女性会議を開催してほしいと話されました。

福井県眼鏡協会、めがねミュージアム視察

 午後からは、めがね会館を訪問し、牧野市長をはじめ、福井県眼鏡協会、日本眼鏡関連団体協議会とともに記者会見を行いました。記者会見では女性資料館の整備や眼鏡を活用した国際女性デーオレンジキャンペーンの実施、TGC(東京ガールズコレクション)への参加について発表しました。その後、めがねミュージアムを視察しました。

12月6日

あおいこども園で「眼育」視察

 12月6日、午前中は、鯖江市のあおいこども園で「眼育」の視察を行いました。SDGsの目標4「質の高い教育をみんなに」の達成に向けた幼児期の目の検査体制について「目の健康は重要で、このような取り組みは素晴らしい」と称賛し、園児と一緒に体験して眼育への理解を深められました。

市内3中学校での講演

 「眼育」の視察後、チャウドリー大使、国連の友Asia-Pacificの高島まゆみ氏、国連の友ウィメンズダイヤモンドコミッティチーフコーディネーターの佐伯真唯子氏が市内の3中学校にて講演を行いました。中央中学校では、チャウドリー大使がSDGsに関する講演を行い1・2年生656人に対し「SDGsはみんなのもの~みんなの力が地球の力に~」を演題にお互いに思いやりを持つことの重要性を説き、女子生徒には「自分に自信を持って活躍をして欲しい」と語りかけました。

うるしの里会館、市内企業視察

 午後からは、うるしの里会館、また企業視察としてシャルマンや加藤吉平商店を訪問されました。うるしの里会館では、昼食に河和田の伝承料理を召し上がった後、山車やショップなどを見学され、漆器の伝統工芸の技術の高さに感銘を受けていました。

12月7日

JK課等との意見交換会

 12月7日、午前中はJK課、OCサミット実行委員、めがねのまちさばえ国際親善大使の岩堀美雪氏などとともに、「私が変われば世界も変わる」をテーマに意見交換会を行いました。また、意見交換会の中で、JK課オリジナルスイーツが振る舞われ、和やかな雰囲気の中で市内の女性の活躍に関する取り組みに理解を深められました。

さばえSDGs推進シンポジウム ~世界的な視野で考え、地域で行動する~

 午後からは、さばえSDGs推進シンポジウムが開催され、冒頭でチャウドリー大使によるスピーチが行われました。スピーチでは、市が取り組む軸としているSDGsの目標5「ジェンダー平等の実現」の推進活動に触れ、5日からの市内視察も振り返り「鯖江の女性や若者には熱意があり、地方都市でも世界のモデルケースになり得ることを実証している。国連の会議の場などで鯖江のことを紹介するなど、全面的にサポートしたい」と話されました。

 また、シンポジウムの中盤では、福井銀行、福井新聞、ヨシケイ福井、LIFLL FaM、仁愛大学で取り組んでいる事例を発表していただき、牧野市長やチャウドリー大使からコメントをいただきました。

<事例発表>
株式会社福井銀行 小川 早登子 氏
 『福井銀行グループSDGs 宣言』について
株式会社福井新聞 黒川 かおり 氏
 子育て紙面「はぐカフェ」や「ふくまむ」の取り組み
株式会社ヨシケイ福井 安原 よしえ 氏
 8 割超を占める女性従業員の働きやすい環境づくりについて
株式会社LIFLL FaM 秋庭 麻衣 氏
 母親を応援する環境整備や「わたしの日」プロジェクトについて
仁愛大学人間学部コミュニケーション学科 織田 暁子 氏
 皆が暮らしやすいまちを生徒たちが考える「SDGs 実践者の育成」について

 最後は、SDGsに取り組んでいる企業や団体の代表、地元の小・中・高・大学生の約40人と一緒に「SDGsさばえ宣言」を行い、シンポジウムを締めくくりました。


SDGsさばえ宣言


SDGsさばえ宣言文

お問い合わせ

このページは、めがねのまちさばえ戦略課が担当しています。

〒916-8666 鯖江市西山町13番1号(市役所本館3階)

さばえブランド推進グループ
TEL:0778-53-2263
FAX:0778-51-8150
女性活躍推進グループ
TEL:0778-53-2247
FAX:0778-51-8150

このページの担当にお問い合わせをする。

情報がみつからないときは

サブナビゲーションここまで

鯖江市章
〒916-8666 福井県鯖江市西山町13番1号
TEL:0778-51-2200(代表)
FAX:0778-51-8161
  • 鯖江市の花・木・鳥
    つつじ・さくら・おしどり
  • 人口と世帯
  • 鯖江市の動物レッサーパンダ
    メガメガ・ウルウル
トップへ戻る
Copyright (c) Sabae City. All Rights Reserved.
このページのトップに戻る