このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動




サイトメニューここまで
本文ここから

屋外広告物について

ページ番号:494-467-416

最終更新日:2017年3月24日

 身の回りのお店や工場などには、色々な屋外広告物(看板)が表示されています。屋外広告物(以下「広告物」といいます。)は、情報の伝達手段として有効であり、また、街を活気づけるものです。しかし、広告物が無秩序に表示されたりすると街の景観に悪影響を与えたり管理が適切に行われないと強風や地震などによって通行人等に危害を及ぼす恐れがあります。
 そのため、屋外広告物法という法律に基づいて福井県屋外広告物条例が制定されており、美観風致の維持と公衆に対する危害の防止の二つの観点から必要な規制が行われており、設置許可など事務の一部を鯖江市が行っています。
 景観づくりの主役は市民の皆さんです。みんなで景観に配慮したまちづくりを行いましょう。

屋外広告物とは

常時または一定の期間継続して屋外で公衆に対して表示または設置(以下「表示等」といいます。)されるもので、ポスター、立て看板、広告塔、広告板の他、建築物に直接描かれているもの、或いは取付けられる看板等も屋外広告物になります。

屋外広告物イメージ図

表示等が禁止されている広告物

汚れたり塗料がはがれているもので、著しく美観風致を損なうもの、或いは破損や老朽したもので公衆に危害を及ぼす恐れのあるものなど

広告物の表示等が禁止されている物件 

橋梁、トンネル、地下道や街路樹、信号機、消火栓など

広告物を表示等するために許可が必要な地域(許可地域)

禁止地域以外で広告物を表示等しようとするときは許可が必要です。

広告物の表示等が原則として禁止されている地域(禁止地域)

  • 第1種および第2種低層住居専用地域や第1種および第2種中高層住居専用地域
  • 国道8号および北陸自動車道沿線で、用途地域が無指定の地域
  • 都市公園や学校、図書館、官公署などの公共施設の敷地など

許可を受けなくても表示等することができる広告物

  • 自分の事業所等の所在地に自分の商号等を表示する広告物〔自己用広告物といいます〕を表示等する場合で、1住所の表示面積の合計が10平方メートル以下であるもの(但し、禁止地域においては5平方メートル以下であるもの)
  • 冠婚葬祭、祭礼等のため一時的に表示するもの
  • 講演会、展覧会、音楽会等のため会場の敷地内に表示等するものなど

許可の期間と手続き

許可の期間は、広告物の区分毎に以下の範囲となっています。

  • 耐久性を有する広告板、広告塔等→3年以内
  • ポスター、立て看板、横断幕等 →1月以内
  • 電柱広告等上記以外の広告物 →1年以内

また、許可の期間を経過したものは、更新の許可が必要です。

許可手数料

屋外広告物の設置許可を受ける際には許可手数料が必要です。

お問い合わせ

このページは、都市計画課が担当しています。

〒916-8666 鯖江市西山町13番1号(市役所本館2階)

都市計画グループ
TEL:0778-53-2238
FAX:0778-51-8166
公園・景観グループ
TEL:0778-53-2239
FAX:0778-51-8166
西山動物園グループ
TEL:0778-52-2737
FAX:0778-52-2737

このページの担当にお問い合わせをする。

情報がみつからないときは

サブナビゲーションここまで

鯖江市章
〒916-8666 福井県鯖江市西山町13番1号
TEL:0778-51-2200(代表)
FAX:0778-51-8161
  • 鯖江市の花・木・鳥
    つつじ・さくら・おしどり
  • 人口と世帯
  • 鯖江市の動物レッサーパンダ
    メガメガ・ウルウル
トップへ戻る
Copyright (c) Sabae City. All Rights Reserved.
このページのトップに戻る