鯖江市西山動物園

ホーム > おしらせ

おしらせ

レッサーパンダのミンファの診察結果について

2019年8月28日

   先般のミンファの診察について、担当獣医師から見解を受け取りましたので下記に記載します。

   鯖江市西山動物園で飼育中のレッサーパンダのミンファ(メス、13才)についてご指摘をいただきました椎間板ヘルニアの心配がされる後躯(後肢)の不安と、 歯周病の心配がされるリンゴを食べこぼすことに関する件の回答をいたします。

   ミンファは、2014年3月から神戸市立王子動物園に貸し出されていて、およそ5年間の月日を経て、数か月前の2019年2月に西山動物園へ帰ってきました。 王子動物園時の担当獣医師ならびに担当飼育員の見解と、現在の西山動物園における担当獣医師の見解を合わせてここにご報告いたします。 後躯の不安に関しては全く正常な歩様とは言い難いが、椎間板ヘルニアを疑うような典型的な神経症状の所見は認められません。むしろ、加齢性変化が考えられます。

   これらに関しては、現状よりも爪をかけやすい組木の工夫と、乗降台の傾斜を緩やかにするなどの対応が必要と考えられます。

   次に、歯周病が心配されるリンゴを食べこぼすことに関して、まず、動物の歯周病の検査・治療の対象とされるものは、採食不良のため極端な体重減少を伴うなどの栄養状態の悪化が認められる場合や、 採食時に痛みなどの苦痛を伴う場合、口腔内の異常を疑うような頬部の腫れがある場合、あるいはヨダレなどで口の周囲が非常に不衛生になる場合などが挙げられます。

   ミンファの体重に関して、鯖江市西山動物園へ帰って来てから、かなり増えています。食べこぼしはあるものの、必要量は採れているという事です。さらに、リンゴを以前よりも薄く切る事で、食べこぼしがほぼなくなりました。 また、食べる時の様子を見ても痛みを伴うような様子もなく、頬部の腫れもなく口の周りが異常に汚れている様子もありません。

   獣医師の見解として、少なくとも診断・治療の急を要する状態の歯周病の所見はありません。王子動物園での口腔検査結果として、あくまで当時の所見ではあるが、年齢相応の臼歯の摩耗(竹を咬むレッサーパンダの正常な変化)は あるものの、近い将来、歯周病の原因になりそうな所見は見あたらなかったようです。

   以上のことから、速やかに歯周病に関する診断・治療を要するものではないと判断します。 後肢の老化に関しては、ビタミンやグルコサミン、コンドロイチンなどのサプリメントの投与を検討中です。

   結論として、後肢・口腔内ともにQOL(生活の質、Quality Of Life)を著しく損なう、あるいは低下させるものではなかったのでご理解のほどよろしくお願いします。


レッサーパンダのミンファの診察結果について

2019年8月15日

   ミンファの後肢や歯周病について、8月12日、動物園において獣医師の診察を受けたところです。

   この結果、ミンファの後肢の状態については切羽詰まった状況ではないと診断でした。 今回、椎間板ヘルニア等の検査や治療等は行いませんが、症状を緩和していくために運動量を制限するよう指導があったので、動物園では飼養している寝室や運動場の見直しなど行っていきます。

   また、歯周病については、現段階で食欲もあり笹をはじめ果物なども食べることが出来ており体重の減少もみられないことから直ちに治療を必要とするものではないが、 今後、症状に変化がみられた段階で、その都度、診察・治療をしていくことになりました。


レッサーパンダ ミンファの近況について

2019年8月7日

   平素より、鯖江市西山動物園に対しましてご理解ご協力いただき誠にありがとうございます。 ミンファの後肢や歯周病について、8月12日、動物園において獣医師の診察を受けたところです。

   後肢を引きずり針について判断して行くことになりましたのでご理解のほどよろしくお願いします。


レッサーパンダ ミンファの今後の対応について

2019年8月

   平素より、鯖江市西山動物園に対しまして、ご支援やご愛顧いただき、誠にありがとうございます。この度は、ミンファの体調に関しまして、大変ご心配をおかけしております。

   最近、Twitterなどで、ミンファが後肢を引きずり気味なことや太り気味なこと、口腔内等について投稿されております。西山動物園では、これらの意見や要望を受け、その状況を改善すべく、その個体に適した展示場所への変更を行ってまいります。これまで、6月~7月の出産時期と重なるため、展示場所変更を控えてきましたが、それぞれの個体の状況を十分に考慮したうえで、今後変更対応していきます。

   今後のミンファの飼養方針について、口腔内の問題により食べ物を食べ難いと言われていることにつきましてはリンゴなどの果物を食べやすいよう薄くスライスするなど個別の食事に切り替えていきます。

   ミンファの飼養スペースにつきましては、年齢や後肢への負担・体調等を考慮し、高低差が比較的少なく後肢への負担を軽減できる非公開施設に、一旦、変更したうえで、月1回は定期的に体重を計測するなど適切な体重管理に努めるとともに、歯周病等のことも含め獣医師に相談しながら必要な治療等をすすめてまいります。(変更後の飼育施設に関しては非公開施設ではありますが 、少しでもミンファを見ることが出来るよう展示場所の改善を検討中です。)

   その後に関しましては、ミンファの体調を考慮しながら、環境に適した公開展示を進めてまいりますのでご理解のほどよろしくお願いします。