鯖江市西山動物園

ホーム > 動物園ニュース > 最新ニュース

最新ニュースNEW

第11回西山動物園写生コンクール優秀作品決定

2019年7月

西山動物園では4月19日~6月7日にかけて動物愛護精神を高めるとともに、西山動物園の動物たちを広く紹介するために、保育園・幼稚園の園児および小学校の児童、 中学校の生徒のみなさんを対象に動物園の動物や園内風景を題材にした絵を募集したところ市内から2604点の応募がありました。 6月19日に審査が行われ、111点の優秀作品が決定しました。これらの優秀作品を下記の場所で展示します。

展示会場  文化の館 2階ロビー、交流サロン

展示期間  7月26日(金曜日)~7月31日(水曜日)まで

入賞者一覧はこちら(リンク先 鯖江市ホームページ)

https://www.city.sabae.fukui.jp/kurashi_tetsuduki/doro_kasen_koen/nishiyamadobutsuen/zoo0120190.html

ボリビアリスザルの赤ちゃんが誕生

2019年6月

ボリビアリスザルの赤ちゃんが誕生 6月8日の朝、ボリビアリスザルの赤ちゃんが1頭生まれているのを確認しました。

発見した時にはすでに母親のハッチは死亡しており、代わりに出産経験のあるメスのナッツが赤ちゃんをおんぶし、子育てをしています。赤ちゃんは今のところ元気に育っており、成長を見守りたいと思います。



コサンケイのヒナが誕生

2019年5月

コサンケイのヒナが誕生 西山動物園で飼育しているコサンケイのペアに1羽のヒナが誕生し、順調に育っています。

ヒナは5月18日に自然ふ化し、オスとメスが協力して子育てをしています。西山動物園においてコサンケイが成育するのは、平成27年に続き2回目になります。



レッサーパンダの「ミンファ」の一般公開を開始します

2019年3月

レッサーパンダのミンファ 2014年に神戸市立王子動物園に貸し出され、2月20日に5年ぶりに西山動物園に帰ってきたレッサーパンダの「ミンファ」の一般公開を開始します。

一般公開開始日時 平成31年3月19日(火曜日) 9時より

展示場所 レッサーパンダのいえ 屋内展示場

「ミンファ」は、2006年に千葉県の市川市動植物園で鯖江所有のオスと市川市所有のメスから誕生し、2008年に西山動物園に来園。西山動物園では5頭の子どもたちを育て上げ、 2014年に王子動物園にブリーディングローンで移動しました。翌年には王子動物園では約25年ぶりとなる赤ちゃんが生まれ、さらに2017年には双子の赤ちゃんが生まれました。 性格は、飄々としてとてもマイペース、大柄で運動能力に長け、とても器量よしです。

愛称 ミンファ 性別 メス
2006年6月23日 市川市動植物園生まれ
2008年3月20日 西山動物園に移動
2010年6月28日 第1子、第2子の双子を出産
2011年7月17日 第3子を出産
2012年7月8日  第4子を出産
2013年7月7日  第5子を出産
2014年3月10日 神戸市立王子動物園にブリーディングローンで移動
2015年 7月6日 第6子を出産
2016年3月16日 第6子の「ティアラ」が西山動物園に移動
2017年7月6日  第7子、第8子の双子を出産
2019年2月20日 西山動物園に移動



クラウドファンディング「みんなの西山動物園から世界中に!動物たちの元気を映像でファンに届けたい!」を開始

2019年2月

西山動物園の新たなクラウドファンディングを2月21日より開始しました。皆様のご協力を宜しくお願いします。

クラウドファンディング みんなの西山動物園から世界中に!動物たちの元気を映像でファンに届けたい!

https://faavo.jp/sabae/project/3539



過去のニュースはこちら