つつじバス / 鯖江市|つつじバスの経緯

01jikoku-b.png01jikoku-b.png02rosen-b.png02rosen-b.png03oshirase-b.png03oshirase-b.png04wasuremono-b.png04wasuremono-b.png05ryoukin-b.png05ryoukin-b.png06about-b.png06about-b.png07osusume-b.png07osusume-b.png08sonota-b.png08sonota-b.png

title2.png

つつじバスの経緯

「愛されるバスを目指して…」

pict-02.png鯖江市では、高齢者および体の不自由な方などの交通弱者を対象として、市内の主要な公共施設への交通手段となる「福祉バス」を、平成10年11月30日から運行開始しました。
 その後、運行ルートの拡大や利用者制限の緩和を行いながら利便性の向上を図ってきましたが、乗合バス事業の参入および撤退が緩和される法改正の中で、市内の路線バス(河和田線)が平成13年3月31日に廃止されました。 そこで、市民の足の確保(路線バスの代替交通機関)という観点から、「福祉バス」運行システムの規模を拡大し、市民すべてが利用できる「コミュニティバス」として平成13年4月1日から新たにスタートしました。
 平成14年4月1日にはコースの細分化による乗車時間の大幅な短縮やワンコインシステムの採用など、運行システムを一新して再スタートしましたが、4台のバスで9路線を走るため、大変過密な運行スケジュールを組まざるを得ない状況でありました。総体としてバスの絶対数が不足し、結果的に利用者が望まれる時間帯へのダイヤ配分や各路線への乗り継ぎの利便性が充分ではありませんでした。そこで、平成18年度の社会実験を踏まえ、平成19年度より特に高齢者に対する足の確保と利便性の向上に重点をおき同年8月には愛称を『つつじバス』としました。
 平成22年度からは、レッサーパンダと越前漆器をイメージした2タイプの新車両を導入しました。平成29年4月からは更に2台の新車両の導入し17路線77便での運行を開始しました。
 平成24年10月から提供を開始したリアルタイムでのバス現在位置情報サービスは、新たにJR鯖江駅にバスの接近情報を案内するモニターを設置し、より便利に、そして安心してバスをご利用いただけるようになりました。

←前のページへ