最終更新日:平成28年11月1日

個人番号カードの交付・申請受付中

市民窓口課 住民届出・証明グループ SC-Madoguchi@city.sabae.lg.jp
電話番号:住民届出・証明グループ0778-53-2206
消費生活センター    0778-53-2204


個人番号カード 平成27年10月から個人番号(マイナンバー)が付与され、個人番号を記載した「通知カード」が送付されました。
 希望される方は本人確認のうえ「通知カード」と引き換えに「個人番号カード」を取得できます。

マイナンバーカード裏面 

カードの申請を行います。



 カードの申請先の「地方公共団体情報システム機構(J−Lis)」から、鯖江市役所あてに順次カードが届きます。(申請日順)



 交付の前処理が終わりましたら、鯖江市役所から「個人番号カード交付通知書」(ハガキ)を皆様に順番にお送りしますので、通知が届きましたら交付通知書に記載の持ち物をお持ちになり、鯖江市役所1階の市民窓口課までお越しください。



鯖江市役所市民窓口課(本庁1階)



平日8:30〜17:00土日、祝日、年末年始(12/29〜1/3)を除く
延長日8:30〜19:3010/18、11/15、12/20、1/17、1/31、2/7、2/21、3/7、3/14(原則毎月第3火曜日)
休日9:00〜12:0010/2、11/13、12/4、1/22、2/5、3/5
(原則毎月第1日曜日)

予約優先となりますので、事前にご予約ください。
休日・時間外の交付をご希望の方は、必ず事前にご予約ください。



 カードの顔写真とご本人のお顔の確認を行いますので、必ずご本人がお越しください。

(例えば、15歳未満のお子様の申請を親権者父母が行った場合には、本人(お子様)と一緒に申請者(父母いずれかの方)がお越しください。



・個人番号カード交付通知書(通知ハガキ)
・通知カード
・印鑑(認印)
・住基カード(お持ちの方のみ)
・本人確認書類(本人分と申請者(法定代理人)両方の方の分が必要です。下記のいずれかの組み合わせでお持ちください。)

●組み合わせ方法1:『書類@のうち2つ』

●組み合わせ方法2:『書類@のうち1つ+書類Aのうち1つ』

●組み合わせ方法3:『書類Aのうち2つ』


書類@
住基カード(写真付きのもの)、運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のもの)、パスポート、身体障害者手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書 等

書類A
健康保険証、年金手帳、介護保険証、官公署が発行した許可証等、学生証、社員証、預金通帳等


※法定代理人の場合は、法定代理人であることを証明する書類。(3ヶ月以内に交付されたもの)

※ご本人に来ていただくことが原則ですが、病気や身体の障害などやむを得ない理由がある場合は市民窓口課へご相談ください。




個人番号カードとは?どんなときに使うの?


  個人番号カードは、プラスチック製のICチップ付きカードです。券面に氏名、
 住所、生年月日、性別、個人番号(マイナンバー)と本人の顔写真等が表示されま
 す。

  個人番号を行政機関で手続きする時に提示するほか、本人確認のための身分証明
 書として利用できます。
  またこれまでの住基カードと同様に、申請して自動交付機を利用できます。
  ※将来的にはコンビニ等での証明書の交付ができるように検討しています。


個人番号カードの申し込みをする方がいいの?


  顔写真付きの本人確認書類として利用したい人や、電子証明書を取得しe−Ta
 xをしたいという人は申し込みをお願いします。
 (個人番号カードは即日交付できません。その場で印鑑登録証とすることはできま
 せん。)


個人番号カードの交付を希望するときはどうすればいいの?


  通知カードから個人番号カードに切り替えを希望する人は、下記のいずれかの方
 法により申請をしてください。
  ただし、カードの交付はお手元に届くまでに日数がかかります。





-----個人番号カードの主な申請方法-----


@郵送でJ−LISへ申請し、市役所で受け取る方法


Aオンライン(スマホ)などでJ−LISへ申請し、市役所で受け取る方法


B市役所で申請し、郵送で受け取る方法


(申請時か交付時いずれかに、市役所へ来ていただく必要があります。)
 ・本人確認の書類として、身分証明書(運転免許証等)が必要です。
 ・お持ちの通知カード、住基カードは返却いただきます。
  Bの場合は、通知カードや住基カードが手元に無い期間が発生しますので
  ご注意ください。


申請方法
   

個人番号カードの有効期限はどのくらいあるの?


  個人番号カードの有効期限は、カード発行日から申請者の10回目の誕生日ま
 で、20歳未満の人は5回目の誕生日まで、外国人住民(永住者・特別永住者以
 外)の人は在留期間満了の日までとされています。





「マイナンバー総合フリーダイヤル」が開設されています

0120−95−0178(無料)

     【受付時間】
       ・平日  9時30分から22時
       ・土日祝 9時30分から17時30分
       (年末年始12月29日から1月3日を除く)



   ※一部IP電話等で上記ダイヤルにつながらない場合(有料)
    ・マイナンバー制度に関すること   050−3816−9405
    ・「通知カード」「個人番号カード」に関すること
                     050−3818−1250

   ※英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語対応のフリーダイヤル
                           (無料)
    ・マイナンバー制度に関すること   0120−0178−26
    ・「通知カード」「個人番号カード」に関すること
                     0120−0178−27
    (英語以外の言語については、平日9時30分から20時までの対応)



《こちらは既存のナビダイヤルです》(有料)
 個人番号の通知をはじめ、個人番号カード・通知カードの詳細については、
 個人番号カードコールセンターにお問合せすることが可能です。
   コールセンター(全国共通ナビダイヤル)
  0570-783-578
 ・平日8時30分〜17時30分
 ・年末年始を除く。


※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、運営元までお問合せ下さい。

ID:017051

このページのトップへ戻る