このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動




サイトメニューここまで
本文ここから

市営住宅(公営)家賃制度

ページ番号:269-728-056

最終更新日:2017年3月24日

1 基準家賃算定

 市営住宅の家賃は、法律により以下のような式で計算され、毎年4月に見直します。(割増家賃のかかる収入超過者、高額所得者を除きます。)
 
 (家賃)=1:家賃算定基礎額 × 2:市町村立地係数 × 3:規模係数 × 4:経過年数係数 × 5:利便性係数

2 収入認定

 市営住宅の家賃は、入居者の世帯状況や収入等に応じて決定され、入居後も変動します。
 毎年8月の収入申告に基づき、前年の収入により所得月額を認定し、翌年4月からの家賃に適用します。
 下記「所得月額区分」の分位の変更に伴い家賃が変動します。

所得月額算定式

 (世帯全員の1年間の総所得金額 - 各種控除)÷12ヶ月

所得月額区分

分位 所得月額 家賃算定基礎額
1 0円~104,000円 34,400円
2 104,001円~123,000円 39,700円
3 123,001円~139,000円 45,400円
4 139,001円~158,000円 51,200円
5 158,001円~186,000円 58,500円
6 186,001円~214,000円 67,500円
7 214,001円~259,000円 79,000円
8 259,001円以上 91,100円

3 収入超過者および高額所得者について

 公営住宅は、住宅に困窮する低額所得者のために低廉な家賃で住宅を供給することを目的としております。
 入居後収入が増加し収入超過者となった場合は、家賃が割増しとなり、入居者は住宅の明け渡し努力義務が生じます。
 さらに、高額所得者となった場合は、近傍同種住宅の家賃(最高家賃)となり、住宅の明け渡しを求められます。

収入基準

区分 所得月額 
収入超過者 一般世帯 158,001円以上

収入超過者

裁量階層世帯 214,001円以上
区分 所得月額 
高額所得者 313,001円以上

備考:高額所得者は世帯員構成によって所得月額の計算方法が異なります。

収入超過者について

 当該公営住宅に引き続き3年以上入居している場合において、政令で定める基準を超える収入のある入居者は、収入超過者と認定されます。
 収入超過者は、明け渡し努力義務が生じ、家賃については相当の割増し家賃となります。この割増し家賃は、収入超過の度合い等に応じて、割増率は変わりますが、段階的に家賃は上昇し、最終的には近傍同種住宅の家賃(最高家賃)となります。

高額所得者について

 当該公営住宅に引き続き5年以上入居している場合において、最近2年間引き続き政令で定める基準を超える高額の収入のある入居者は、高額所得者と認定されます。
 高額所得者は、近傍同種住宅の家賃(最高家賃)となり、住宅の明け渡しを請求されることになります。請求を受けた高額所得者は、定められた期限が到来したときは、速やかに住宅を明け渡さなければなりません。

お問い合わせ

このページは、建築営繕課が担当しています。

〒916-8666 鯖江市西山町13番1号(市役所本館2階)

建築営繕グループ
TEL:0778-53-2240
FAX:0778-51-8166

このページの担当にお問い合わせをする。

情報がみつからないときは

サブナビゲーションここまで

鯖江市章
〒916-8666 福井県鯖江市西山町13番1号
TEL:0778-51-2200(代表)
FAX:0778-51-8161
  • 鯖江市の花・木・鳥
    つつじ・さくら・おしどり
  • 人口と世帯
  • 鯖江市の動物レッサーパンダ
    メガメガ・ウルウル
トップへ戻る
Copyright (c) Sabae City. All Rights Reserved.
このページのトップに戻る