このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動




サイトメニューここまで
本文ここから

退職者医療制度について

ページ番号:422-224-882

最終更新日:2017年3月24日

長い間会社などに勤めていた方が退職して資格を喪失した場合、国民健康保険に加入することになりますが、厚生年金や共済年金等の老齢年金や退職年金などの支給を受けている人で、厚生年金等の加入期間が20年以上あるか、または40歳以降10年以上ある人は65歳に達するまで、退職者医療制度が適用されます。

退職して年金証書を受けとったら14日以内に届け出を!

届け出に必要なもの

  • 年金証書(※厚生年金等加入期間の明記してあるもの)
  • 印鑑
  • 国民健康保険被保険者証

対象となる人

  • 国保に加入している人
  • 65歳未満の方
  • 厚生年金や各種共済組合などの年金を受けている人で、厚生年金等の加入期間が20年以上もしくは40歳以降の期間が10年以上ある人

お医者さんにかかるとき

入院・外来

  • 退職者本人 3割負担
  • 被扶養者 3割負担(※小学校入学前までは外来・入院とも2割負担となります。)

○詳しいことは、国民健康保険担当へお問い合わせください。

お問い合わせ

このページは、国保年金課が担当しています。

〒916-8666 鯖江市西山町13番1号(市役所本館1階)

国保年金グループ
TEL:0778-53-2207 0778-53-2208
FAX:0778-51-8152

このページの担当にお問い合わせをする。

情報がみつからないときは

サブナビゲーションここまで

鯖江市章
〒916-8666 福井県鯖江市西山町13番1号
TEL:0778-51-2200(代表)
FAX:0778-51-8161
  • 鯖江市の花・木・鳥
    つつじ・さくら・おしどり
  • 人口と世帯
  • 鯖江市の動物レッサーパンダ
    メガメガ・ウルウル
トップへ戻る
Copyright (c) Sabae City. All Rights Reserved.
このページのトップに戻る