このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動




サイトメニューここまで
本文ここから

新型コロナワクチン接種について

ページ番号:458-218-501

最終更新日:2022年1月26日

新型コロナワクチン追加接種(3回目接種)について

新型コロナワクチン追加接種(3回目接種)についてはこちら

新型コロナワクチン1回目・2回目未接種の人へ

新型コロナワクチンは、発症予防と重症化予防に高い効果があります。福井県内の新型コロナウイルス感染者の約9割はワクチンを受けていませんでした。
今後の感染再拡大に備えるためにも、早めに接種をご検討ください。

接種は強制ではなく、あくまでご本人の意思に基づき受けていただくものです。体質や持病等の理由で接種できない方もおられると思います。また、職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないよう、皆さまにお願いしています。

令和4年2月からのワクチン接種についてのお知らせ(1・2回目接種対象者)

令和4年2月以降の市集団接種日程については、市ワクチン接種コールセンターにて予約を受け付けます。

予約先    鯖江市ワクチン接種コールセンター TEL0778-52-0031
        受付時間 月~金 9時00分~17時00分 (祝日除く)
               (2月1日以降)月~金 9時00分~20時00分、土日祝日 9時00分~17時00分

日程     
1月の日程は、受付を終了いたしました。
2~3月の日程はダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(PDF:259KB)
    ※ 日程表の掲載以外で、臨時に予約枠が追加されることがあります。
      詳しくは、コールセンターにお問い合わせください。

10代、20代の男性については、2回目接種後4日程度の間に、ごくまれに心筋炎・心膜炎を発症した事例が報告されています。
武田/モデルナ社のワクチンよりも、ファイザー社のワクチンの方が当該報告の頻度が低いことから、鯖江市では10-20代の男性限定枠を設けています。
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。10代・20代の男性と保護者の方へのお知らせ(厚生労働省リーフレット)(PDF:560KB)
          

接種券の再発行についてはこちら(1回目・2回目接種対象者)

妊産婦の皆さまへ

 妊娠中、授乳中、妊娠を計画中の方も、ワクチンを接種することができます。日本で承認されている新型コロナワクチンが妊娠、胎児、母乳、生殖器に悪影響を及ぼすという報告はありません。妊娠中の時期を問わず接種をおすすめします。
 接種を希望される場合は、 新型コロナワクチン接種の予診票には、「現在妊娠している可能性はありますか。または授乳中ですか。」という質問がありますので、「はい」にチェックし、あらかじめかかりつけの産婦人科の医師に接種の相談をお願いします。 接種してよいと言われていれば、その旨を接種会場の問診医に伝えて、接種を受けてください。

鯖江市以外の集団接種について

各会場の予約受付状況については各ホームページからご確認ください。
ワクチンは、武田/モデルナ社製のワクチンとなります。

接種実績

市の新型コロナワクチンの接種実績は、以下のとおりです。(令和4年1月17日9時現在 毎週月曜日更新)

年齢区分 接種対象者(人) 1回目 2回目
接種済件数(件) 接種率(%) 接種済件数(件) 接種率(%)
65歳以上 19,023 17,776 93.4% 17,674 92.9%
60~64歳 3,825 3,514 91.9% 3,500 91.5%
50~59歳 8,868 7,852 88.5% 7,816 88.1%
40~49歳 9,966 8,570 86.0% 8,513 85.4%
30~39歳 7,465 6,022 80.7% 5,964 79.9%
20~29歳 6,610 5,358 81.1% 5,311 80.3%
16~19歳 2,917 2,487 85.3% 2,459 84.3%
12~15歳 2,661 1,860 69.9% 1,813 68.1%
合計 61,335 53,439 87.1% 53,050 86.5%

※ワクチン接種円滑化システム(VRS)より

新型コロナワクチンについて

新型コロナワクチンは、発症を予防し、重症者や死亡者の発生をできる限り減らすことを目的としています。
詳細は、下記の厚生労働省掲載の新型コロナワクチンQ&Aのサイトをご覧ください。

副反応について

接種後すぐに現れる可能性がある症状

頻度は極めて稀ですが、接種直後にアナフィラキシーが起きることがあります。
ワクチン接種を受けた後は、15分以上は接種会場で座って様子をみてください。(過去に重いアレルギー症状を起こしたことがある方は、30分以上様子をみてください。)

市の集団接種会場では、全員30分様子をみていただきます。

接種後数日以内に現れる可能性がある症状

ワクチンにより接種部位の痛みや頭痛、発熱などの症状が接種後1~2日以内にみられることがありますが、多くの場合接種後数日以内に回復しています。ワクチンを受けた後、2日以上熱が続く場合や、症状が重い場合には、医療機関等への受診や相談をしてください。

副反応にかかる相談窓口

副反応等の専門的な相談については、福井県新型コロナワクチン接種相談センターにお電話ください。

福井県新型コロナワクチン接種相談センター
TEL:0776-20-2210
 FAX:0776-20-0797
受付時間
 24時間(土日、祝日含む)

副反応等の医学的知見が必要な相談のみお問い合わせください。
※その他の相談については、市のコールセンターにお問い合わせ願います。

健康被害救済制度について

新型コロナウイルスワクチン接種後に副反応による健康被害が生じた場合についても、一般的なワクチン接種と同様に予防接種法に基づく救済制度が適用されます。
救済制度とは、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)を受けることができる制度です。

詳しくは外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省ホームページ(外部サイト)をご覧ください。

妊娠中・授乳中・妊娠を計画中の方のワクチン接種について

妊娠中・授乳中・妊娠を計画中の方もワクチンを接種することができます。詳しくは下記のサイトをご覧ください。

また、ワクチン接種時に「子育て支援センターにじいろ」で児童(乳幼児)の一時預かりを実施します。詳しくは下記をご覧ください。

対象者および接種券について

対 象  12歳以上の接種を希望するすべての人
国の示す接種順位に従って、12歳以上の方に接種券を送付しています。
接種券は接種後も大切に保管ください。
※12歳の方は、誕生月の翌月上旬ごろに送付します。

鯖江市ワクチン接種コールセンター

コールセンター電話番号

0778-52-0031

開設時間

月~金 9時~17時(祝日除く)      
R4年2月1日以降  月~金 9時~20時   土日祝日 9時~17時

時間外の新型コロナワクチンに関する相談(ワクチンの効果や副作用など)については、
県新型コロナウイルスワクチン接種相談センター(0776-20-2210・24時間受け付け)
をご利用ください。

接種券の再発行について(1・2回目接種対象)

鯖江市の接種券を紛失、接種券が届かない場合は、再発行できます。
窓口、もしくは郵送で受付します。
接種券再発行申請書をダウンロードして、記入してください。

(1)申請書の提出
【提出先】
〒916-0022 鯖江市水落町2丁目30-1 アイアイ鯖江・健康福祉センター
鯖江市健康づくり課 新型コロナウイルスワクチン接種対策室
※窓口の受付は、平日 8時30分~17時00分(土・日・祝日除く)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。様式「鯖江市接種券再交付・再発行申請書」(PDF:424KB)

(2)接種券を、住民票所在地に郵送します。
窓口にてお渡しできる場合もございますので、ご希望の方は事前にご相談ください。
【問合せ先】
鯖江市健康づくり課 新型コロナウイルスワクチン接種対策室
 TEL:0778-52-1138  平日 8時30分~17時00分(土・日・祝日除く)

住民票がある場所(居住地)以外での接種について

次の人は、市外の指定医療機関等で接種できます。
・入院、入所中の医療機関や施設で接種を希望する人→医療機関や施設でご相談ください。
・基礎疾患で治療中の医療機関で接種を希望する人→医療機関でご相談ください。
・お住まいが住所地と異なる人(下宿している学生、里帰り出産の人、単身赴任など)→手続きが必要になります。実際にお住まいの市町村の相談窓口にお問い合わせください。

住民票が他市町村にあるが、居住地である鯖江市での接種を希望する場合について

住民票が他市町村にあって、現在鯖江市に住んでいる方が、鯖江市でワクチン接種を希望される場合は、鯖江市に対して事前に住所地外接種届を申請する必要があります。
(接種券については住民票がある自治体発行の接種券が必要です。)
【事前申請が必要な場合】
・単身赴任者
・下宿している学生
・出産のために里帰りしている妊産婦
・ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者
 住所地外接種届(他自治体発行の接種券の写しも必要)を鯖江市健康づくり課まで提出してください。
 鯖江市から許可書が発行された場合のみ鯖江市で接種することができます。
(1)申請方法 郵送   郵送先 〒916-0022鯖江市水落町2丁目30-1 鯖江市健康づくり課 宛
(2)必要書類 住所地外接種届と他自治体発行の接種券の写し


【事前申請が必要ない場合】
・入院、入所者
・通所による介護サービス事業所等で接種が行われる場合における当該サービスの利用者
・基礎疾患が持つ者が主治医の下で接種する場合
・副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する場合
・市町村外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける場合
・災害による被害のあった者
・勾留または留置されている者、受刑者
・住所地外接種者であって、市町村に対して申請を行うことが困難である者
・国又は都道府県等が設置する「大規模接種会場」で接種を受ける場合(会場ごとの対象地域に居住している者に限る)
・職域接種を受ける場合
なお、当該対象者は、接種を受ける時点において、現にその状態にある者に限ります。

新型コロナウイルスワクチン接種証明書について

海外渡航用で必要な方や、接種済証や接種記録書を紛失したが接種証明書が必要な方はこちらをご覧ください。

高齢者等新型コロナワクチン接種タクシー利用料金助成事業について(障がい者も対象になりました)

交通手段のない高齢者もしくは障がい者手帳を所持する方が新型コロナウイルスワクチン接種を受けるために、接種会場への行き来にタクシーを利用する際、1人1回あたり片道1,000円を上限に利用料金を助成します。詳細は上記リンク先をご参照ください。

医療機関向けの情報について

医療機関向け説明会や医療従事者への研修会等での資料や情報になります。

高齢者施設等に入所されている方の新型コロナワクチン接種について

高齢者施設等に入所されている方の新型コロナワクチン接種については、下記のページをご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは、健康づくり課が担当しています。

〒916-0022 鯖江市水落町2丁目30番1号(アイアイ鯖江内)

健康増進グループ
TEL:0778-52-1138
FAX:0778-52-1116
母子保健グループ
TEL:0778-52-1138
FAX:0778-52-1116

このページの担当にお問い合わせをする。

情報がみつからないときは

サブナビゲーションここまで

鯖江市章
〒916-8666 福井県鯖江市西山町13番1号
TEL:0778-51-2200(代表)
FAX:0778-51-8161
  • 鯖江市の花・木・鳥
    つつじ・さくら・おしどり
  • 人口と世帯
  • 鯖江市の動物レッサーパンダ
    メガメガ・ウルウル
トップへ戻る
Copyright (c) Sabae City. All Rights Reserved.
このページのトップに戻る