このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動




サイトメニューここまで
本文ここから

「眼鏡」を「ふるさと名物」として「応援宣言」します

ページ番号:697-213-086

最終更新日:2018年1月25日

「眼鏡」を「ふるさと名物」として「応援宣言」します

この宣言は地域産業資源を市の名物として全国に発信し、地方創生を目的に民間事業者・市民の皆様が地域ぐるみで取り組む事業活動(商品・サービス開発等)を支援するものです。

平成29年3月に本市が行ったWEBアンケート調査では、タオル産地の「今治」に次ぐ産地認知を獲得し、「めがねのまちさばえ」としての鯖江市の認知度は年々高まっています。近年では眼鏡枠やレンズのみならず、眼鏡製造の分業体制で培われた高度な専門性と生産調整の柔軟性、眼鏡の素材に対する豊富な知見などを活用し、医療器具や情報端末製品、生活雑貨製品を製造するようになりました。

鯖江市では、基幹産業である眼鏡産業のブランド力強化と産業活性化を目的に、「鯖江の眼鏡と眼鏡製造の経験を活かした医療・IT分野製品および生活雑貨製品」を「ふるさと名物」と位置付け、中小企業地域資源活用促進法に基づく「ふるさと名物応援宣言」を行います。

鯖江市として2例目の「ふるさと名物応援宣言」

鯖江市では平成28年5月に「越前漆器の商品群と漆塗りの技術を使った新製品・新産業」を「ふるさと名物」として中小企業地域資源活用促進法に基づく「ふるさと名物応援宣言」を行っています。今回の「鯖江の眼鏡と眼鏡製造の経験を活かした医療・IT分野製品および生活雑貨製品」は2例目となります。
「越前漆器の商品群と漆塗りの技術を使った新製品・新産業」の「ふるさと名物応援宣言」については以下をご参照ください。

「ふるさと名物応援宣言」とは

「ふるさと名物応援宣言」とは、市町村において地域を挙げて支援を行う「ふるさと名物」(地域資源を活用した商品・サービス(群)」を特定し、積極的な情報発信を行うことを促進するものです。
これにより「地域ブランド」の育成・強化を図り、地域の売上や雇用拡大、地域経済の好循環につなげます。
また、「ふるさと名物応援宣言」を行うことにより、その関連の地域資源活用事業について補助金や人材育成、情報発信について優先措置が受けられるようになります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは、商工政策課が担当しています。

〒916-8666 鯖江市西山町13番1号(市役所別館3階)

ものづくり振興グループ
TEL:0778-53-2229 
TEL:0778-53-2231
FAX:0778-51-8153

このページの担当にお問い合わせをする。

情報がみつからないときは

サブナビゲーションここまで

鯖江市章
〒916-8666 福井県鯖江市西山町13番1号
TEL:0778-51-2200(代表)
FAX:0778-51-8161
  • 鯖江市の花・木・鳥
    つつじ・さくら・おしどり
  • 人口と世帯
  • 鯖江市の動物レッサーパンダ
    メガメガ・ウルウル
トップへ戻る
Copyright (c) Sabae City. All Rights Reserved.
このページのトップに戻る