鯖江市指定文化財

やんしきおどり
やんしき踊り

指定 
所在地 
管理者 
時代
 
《市指定》 平成23年3月25日

[保持団体]鯖江市やんしき保存協会
江戸時代中期
 

 「やんしき」の起源は伊勢地方の松坂で行なわれていた「松坂節」、または「松坂節」が越後地方に伝播してできた「越後松坂」が行商や旅芸人により福井に伝わり発生したものと考えられる。「やんしき」「やっしき」の名称の違いは、起源となった「松坂」が広まる際に、踊りの呼び名やハヤシ言葉などがなまったためと考えられる。県内での分布状況は、「やんしき」は福井市から敦賀市まで分布しており、特に丹南周辺に集中している。かつて、嶺北一帯で広く踊られていたが、昭和40年代を境に県内ではそのほとんどが途絶えてしまい、鯖江市周辺においてかろうじてその伝統を受け継いでいる。鯖江では元文3年(1738)から盆踊りが始まったと伝えられ、この段階で「やんしき」が踊られていた可能性が高い。
#134