このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動




サイトメニューここまで
本文ここから

平成29年就業構造基本調査が実施されます。

ページ番号:238-880-038

最終更新日:2017年8月22日

就業構造基本調査へのご協力をお願いいたします。

平成29年10月1日は就業楮基本調査

調査の概要

調査の目的

この調査は我が国に住んでいる人々がふだん仕事をしているかどうかや就業に関する希望などを調査し、日本の就業構造を全国だけでなく地域別にも明らかにする調査です。
この調査は、昭和31年に開始されて以来ほぼ3年ごとに実施してきましたが、57年以降は5年ごとに実施しており、今回は17回目に当たります。

調査基準日

平成29年10月1日午前零時現在で行います。

調査の対象

全国で抽出された約52万世帯に居住する15歳以上の方です。

調査方法

8月下旬から準備調査のため、統計調査員が対象調査区の各世帯を訪問します。聞き取り調査などの調査を行い、その後、対象となりました世帯には9月下旬に再度、調査票に記入をお願いに訪問します。

調査事項

すべての人について

男女の別、出生の年月、教育の状況、育児・介護の有無など

ふだん仕事をしている人について

雇用契約期間、仕事の内容、1週間当たりの就業時間、現職に就いた理由など

ふだん仕事をしていない人について

就業希望の有無、希望する職種、求職活動についてなど

調査結果

雇用に関する各種施策の企画・立案、職業能力の開発、人材育成、育児、介護・看護と就業の両立支援など国の基本的な方針決定の基礎資料としての活用をはじめ、地方公共団体における雇用対策などの各種施策に活用されます。

調査の方法

鯖江市長が任命した調査員が調査票をお配りし、ご記入いただいた調査票の回収に伺います。
紙の調査票またはスマートフォンやパソコンを使って簡単に回答することができます。

回答内容の保護

調査票に書かれた事柄は「統計法」により厳重に保護されており、インターネット回答における通信もすべて暗号化(SSL/TLS方式)され、不正なアクセスなどの監視も24時間行っていますので、回答データは厳重に守られます。
また、調査員をはじめとする調査関係者が調査で知りえた内容を他人に漏らしたり、統計を作成・分析する目的以外に調査票を使用したりすることは絶対ありません。これらの行為は「統計法」により固く禁じられています。

調査の重要性をご理解いただきまして、ご回答いただきますようお願いいたします。

総務省統計局 就業構造基本調査のページ

お問い合わせ

このページは、情報統計課が担当しています。

〒916-8666 鯖江市西山町13番1号(市役所本館3階)

情報統計グループ(情報)
TEL:0778-53-2213
FAX:0778-51-8164
情報統計グループ(統計)
TEL:0778-53-2212
FAX:0778-51-8164

このページの担当にお問い合わせをする。

情報がみつからないときは

サブナビゲーションここまで

鯖江市章
〒916-8666 福井県鯖江市西山町13番1号
TEL:0778-51-2200(代表)
FAX:0778-51-8161
  • 鯖江市の花・木・鳥
    つつじ・さくら・おしどり
  • 人口と世帯
  • 鯖江市の動物レッサーパンダ
    メガメガ・ウルウル
トップへ戻る
Copyright (c) Sabae City. All Rights Reserved.
このページのトップに戻る