このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動




サイトメニューここまで
本文ここから

提案型市民主役事業審査結果 平成30年度実施分

ページ番号:392-305-104

最終更新日:2018年6月8日

提案型市民主役事業審査結果 ※平成30年度実施分

経緯

 市が行っている公共的な事業の中から、市民団体等が「新しい公共」の担い手として行った方が良い事業を「市民主役事業」として創出することで、公共における民間と行政との役割分担を見直し、市民の自治力を高めることを目的として、平成23年度実施事業分から提案型市民主役事業化制度がスタートしました。
 今年度は、平成30年度に市が実施予定の既存事業の中から、95事業を提案型市民主役事業化制度募集対象事業として、平成29年10月6日(金曜日)から11月20日(月曜日)までの期間、事業提案の募集を行いました。募集の結果、51事業に対して、特定非営利活動法人や市民団体、一般企業等の38団体から、48件の提案がありました。
 また、平成30年度から実施する新規事業の中から、7事業を提案型市民主役事業化制度募集対象事業として、平成30年4月9日(月曜日)から5月11日(金曜日)までの期間、事業提案の募集を行いました。募集の結果、5事業に対して、市民団体や一般企業等の4団体から、5事業に対して4件の提案がありました。

【募集結果】
提案を出された団体数 41団体 (41団体)
提案を受けた事業数 56事業 (57事業)
提案件数 52件 (57件)
※( )内の数値は昨年度実績
※既存事業および新規事業の合計

審査委員会における審査

 既存事業分については平成29年12月11日および平成30年1月中旬(持ち回り審査)に、また、新規事業分については平成30年5月27日に、学識経験者2名、市民代表2名、行政代表2名の計6名からなる提案型市民主役事業審査委員会が開催され、厳正なる審査が行われました。

【審査結果】
採用事業数 55事業 (51事業)
採用された事業実施団体 37団体 (34団体)
※( )内の数値は昨年度実績
※既存事業および新規事業の合計

今後の事業実施の動き

 新規事業分提案事業につきましても、事業を提案された団体と事業実施に向けた協議を行い、委託事業として契約を結び、スムーズな事業実施を目指します。また、委託事業の実施主体はあくまで市にありますので、団体の自主性を尊重しながら、随時、適正な指導と助言等を行うなかで、市民サービスの向上が図られるようともに事業を推進してまいります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは、市民まちづくり課が担当しています。

〒916-8666 鯖江市西山町13番1号(市役所本館2階)

地域自治・市民活動・人権推進グループ
TEL:0778-53-2214
FAX:0778-51-8156
(人権相談)
TEL:0778-53-2214

このページの担当にお問い合わせをする。

情報がみつからないときは

サブナビゲーションここまで

鯖江市章
〒916-8666 福井県鯖江市西山町13番1号
TEL:0778-51-2200(代表)
FAX:0778-51-8161
  • 鯖江市の花・木・鳥
    つつじ・さくら・おしどり
  • 人口と世帯
  • 鯖江市の動物レッサーパンダ
    メガメガ・ウルウル
トップへ戻る
Copyright (c) Sabae City. All Rights Reserved.
このページのトップに戻る