このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動




サイトメニューここまで
本文ここから

市民の皆様への市長メッセージ(新型コロナウイルス関連について)

ページ番号:257-257-383

最終更新日:2022年7月20日

令和4年7月20日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

鯖江市長の佐々木勝久です。
国内における新型コロナウイルスの感染が急拡大し、
新規陽性者数が急増しております。
1日あたりの国内新規陽性者数が、
7月16日には過去最多の11万人を超えるなど
著しく増加しております。
福井県内におきましても、
本日(7月20日)の1日あたりの新規陽性者数が
過去最多の638人となるなど
非常に厳しい状況にあることから、
昨日(7月19日)から8月7日までを期間として、
福井県感染拡大警報が発出されました。
そこで、市民の皆様におかれましては、
十分に感染防止対策をとっていただきますよう、
改めて次のとおりお願い申し上げます。

友人などとの会食時も会話時はマスクを着用してくだい。
宴会は短時間としてください。
・熱中症対策でお子さんがマスクを外す際は、近くで会話しないよう周りの大人が声を掛けてください。
冷房中も定期的に換気してください。
・安心して出かけるために、3回目のワクチン接種を検討してください。
・高齢者など重症化リスクのある方は早めの4回目接種を検討してください。

また、旅行・帰省する方は、次のとおりお願いいたします。
ワクチン接種される方は、なるべく旅行や帰省の2週間前までに行ってください。
旅行・帰省やイベント参加前に県の無料検査で陰性確認を行ってください。
旅行・帰省中は、人混みを避け、換気や手指消毒を徹底してください。
帰宅後は、体調管理を徹底し、体調不良の時は、登校・出勤を控え、早めに医療機関を受診してください。
・帰宅後1週間程度は、高齢者など重症化リスクの高い方に会うのは慎重に判断してください。
・イベント参加など感染リスクの高い行動の後は、県の無料検査を積極的に活用してください。

なお、鯖江市におきましては、
感染拡大しているオミクロン株が重症化しにくいことや、
県が対策を徹底した上で
できるだけ通常の活動をしてほしいとの考えを示していることなどから、
今回の感染拡大警報を受けての
公民館等の市内公共施設の利用制限は、
現時点では行わないことといたします。

しかし、感染は急速拡大しております。
施設の利用制限等のない通常の生活を継続するためにも、
感染防止対策に、「チームさばえ」として
一丸となって取り組んでいかなければなりません。
皆様のご理解とご協力を切にお願い申し上げます。

令和4年5月27日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

鯖江市長の佐々木勝久です。
新型コロナウイルス感染症の
拡大防止に向けてお願いを申し上げます。
福井県内におきましては、
5月29日までを期間として、
感染拡大警報が発令されておりましたが、
新規系統数、新規感染者数が減少していることや
病床使用数、使用率が注意報レベルを下回っていることを受け、5月30日から
感染拡大注意報に1段階
引き下げられることとなりました。
期間は6月12日までとしておりますが、
今後の感染状況に応じて、
変更の可能性があるとしております。

これに伴い、鯖江市におきましては、
5月29日までとしておりました
公民館等の公共施設の利用制限を解除いたします。

また、部活動やスポーツ少年団等につきましては、
県外での活動も可としますが、遠征先の感染状況を踏まえ、慎重に判断してください。
なお、県内外にかかわらず、宿泊は控えてください。

一方、市内におきましては、子どもたちへの感染が
収まっておりません。
市民の皆様におかれましては、引き続き、
子どもたちへの感染を防ぐため、次のとおり感染防止の徹底をお願い申し上げます。

食事中を含め、会話時のマスク着用を徹底してください。
長時間の宴会は控えてください。
・手指消毒を徹底してください。
高齢者や基礎疾患がある方が同居している場合や体調不良の家族がいる場合、学校や会社など
身近で感染が確認された場合は、家庭でも会話時のマスク着用や、こまめな換気をするなど感染対策を徹底してください。
・マスク着用が難しい未就学児に代わって周りの大人がマスクの着用を徹底してください。
・無症状であっても感染の不安があるという方、同僚や同級生などに感染者が出た場合は、県の無料抗原検査を積極的に活用してください。
・毎日の検温など、家族全員の体調管理を徹底してください。
体調不良時は、登校・出勤を控えてください。
発熱などの症状がある場合は迷わずに医療機関に電話相談してください。

また、感染者・濃厚接触者や医療従事者ならびにそのご家族や関係者のみなさまへの
誹謗中傷や差別的行為は、絶対にしないでください。

なお、新型コロナワクチンの4回目接種を6月から開始します。
対象は、3回目接種後、5ヵ月が経過した方で、60歳以上の方、
18歳から59歳で基礎疾患を有する方、
その他重症化リスクが高いと医師が認める方となっております。

60歳以上の皆様には、順次、接種券を発送しておりますので、
お手元に届きしだい、速やかに、市のワクチン接種コールセンターへの電話、または、市予約システムによりオンラインでご予約をお願い致します。
また、18歳から59歳で基礎疾患を有する方、
その他重症化リスクが高いと医師が認める方につきましては、
申請のお手続きが必要となります。
順次、申請方法の案内を発送しておりますので、
該当する皆様は、お手元に届きしだい、
速やかに、申請のお手続きをお願い致します。

その他詳しくは市のホームページをご確認ください。

以上、市民の皆様には、引き続き、我慢をしていただくことになりますが、感染拡大防止に、「チームさばえ」として一丸となって取り組むため、ご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げます。

令和4年4月8日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

鯖江市長の佐々木勝久です。
新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けてお願いを申し上げます。
福井県内におきましては、4月10日までを期間として、
感染拡大特別警報が発令されておりましたが、
病床占有率が注意報レベルを下回っていることや
高齢者の3回目ワクチン接種が進んでいることを受け、
4月11日から感染拡大警報に1段階引き下げられることとなりました。
期間は4月24日までとしておりますが、新規感染系統および新規感染者数が
再び増加する兆候があることから、今後の感染状況に応じて変更の可能性があるとしております。

これに伴い、鯖江市におきましては、
4月10日までとしておりました
公民館等の公共施設の利用制限を基本的に4月24日まで延長いたしますが、
スポーツ施設等の利用制限を、市内在住者のみから県内在住者までに広げるなど、一部緩和いたします。
施設ごとの利用制限状況につきましては、市のホームページでご確認いただくか、各施設にお問い合わせください。
公共施設でのイベント等の開催状況につきましても、市のホームページまたは主催者へのお問い合わせによりご確認ください。

また、部活動やスポーツ少年団等につきましては、
活動範囲を市内から県内に拡大するほか、
県内チームとの対外試合を可能にするなど、一部制限を緩和します。
なお、活動時間の短縮に努めるとともに、
マスク着用、飲食禁止(水分補給を除く)、
合宿・遠征を禁止するなどの感染対策の徹底をお願い致します。

一方、市内におきましては、子どもたちへの感染が収まっておりません。
市民の皆様におかれましては、引き続き、子どもたちへの感染を防ぐため
次のとおり感染防止の徹底をお願い申し上げます。

食事中を含め、会話時のマスク着用を徹底してください。
長時間の宴会は控えてください。
・手指消毒を徹底してください。
高齢者や基礎疾患がある方が同居している場合は、家庭でも会話時のマスク着用、こまめな換気など感染対策を徹底してください。
・マスク着用が難しい未就学児に代わって、周りの大人がマスクの着用を徹底してください。
・無症状であっても感染の不安があるという方は、県の無料抗原検査を受けることができますので活用してください。
・毎日の検温など、体調管理を徹底してください。
体調不良時は、登校・出勤を控え、迷わずに医療機関に電話相談してください。

また、感染者・濃厚接触者や医療従事者ならびに
そのご家族や関係者のみなさまへの誹謗中傷や差別的行為は、絶対にしないでください。

なお、65歳以上において、3回目のワクチン接種率が60%に達して以降、感染者数が減少しております。
市民の皆様におかれましては、高齢者や子どもたちを感染から守るためにも
ワクチンの早期接種をお願い致します。
対象の皆様には、順次、接種券を発送しておりますので、
お手元に届きしだい、速やかに市のワクチン接種コールセンターへの電話、
または、市予約システムによりオンラインでご予約をお願いいたします。
その他詳しくは市のホームページをご確認ください。
 
以上、市民の皆様には引き続き、我慢をお願いすることとなりますが、
感染拡大防止に、「チームさばえ」として一丸となって取り組むため、
ご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げます。

 

令和4年3月18日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

鯖江市長の佐々木勝久です。
新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けてお願いを申し上げます。
福井県内における1日当たりの新規感染者数が、
3月上旬をピークに減少の兆しが見られるものの、
依然として高い水準で推移しており、
入院患者数も減少していないことから、
福井県は、3月21日までを期間として発令していた
感染拡大特別警報を4月10日まで延長することといたしました。

これに伴い、鯖江市におきましては、
3月21日までとしておりました公民館等の公共施設の利用制限を
基本的に4月10日まで延長することといたします。
施設ごとの利用制限状況につきましては、
市のホームページでご確認いただくか
各施設にお問い合わせください。
公共施設でのイベント等の開催状況につきましても、
市のホームページ
または主催者へのお問い合わせによりご確認ください。
また、これまで活動を自粛していただいておりました
部活動やスポーツ少年団等につきましては、
市内での活動に限定するとともに、活動時間を短縮した上で(2時間程度) 、再開可能とします。
なお、マスク着用、飲食禁止(水分補給を除く)、
合宿・遠征の禁止などの感染対策の徹底をお願い致します。

市内におきましては、子どもたちへの感染が続いております。
市民の皆様におかれましては、
引き続き、子どもたちへの感染を防ぐため
次のとおり感染防止の徹底をお願い申し上げます。

食事中を含め、会話時のマスク着用を徹底してください。
長時間の宴会は控えてください。
県外の方との飲食は控えてください。
・手指消毒を徹底してください。
高齢者や基礎疾患がある方が同居している場合は、家庭でも会話時のマスク着用、こまめな換気など感染対策を徹底してください。
・マスク着用が難しい未就学児に代わって、周りの大人がマスクの着用を徹底してください。
感染拡大地域(直近1週間の感染者数が人口10万あたり15人以上の地域:県HPで毎日更新)との往来は慎重に判断してください。
・無症状であっても感染の不安があるという方は、県の無料抗原検査を受けることができますので活用してください。
・毎日の検温など、体調管理を徹底してください。
体調不良時は、登校・出勤を控え、迷わずに医療機関に電話相談してください。

また、感染者・濃厚接触者や医療従事者ならびに
そのご家族や関係者のみなさまへの誹謗中傷や差別的行為は、絶対にしないでください。

なお、県内感染第6波における
重症者の7割がワクチン未接種者(3回目接種者なし)です。
市民の皆様におかれましては、ワクチンの早期接種をお願い致します。
18歳以上の皆さんを対象とした集団接種については、
明日からの三連休を含め、3月中の接種枠に十分余裕がございます。
対象の皆様には、順次、接種券を発送しておりますので、
お手元に届きしだい、速やかに市のワクチン接種コールセンターへの電話、
または、市予約システムによりオンラインでご予約をお願い致します。
その他詳しくは市のホームページをご確認ください。

以上、市民の皆様には、引き続き、我慢をしていただくことになりますが、
感染拡大防止に、「チームさばえ」として一丸となって取り組むため、
ご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げます。

令和4年3月9日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

鯖江市長の佐々木勝久です。
新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けて
お願いを申し上げます。
福井県内における1日当たりの新規感染者数が、
3月7日には過去最多の559名となるなど、
感染の急拡大を踏まえ、
福井県は、3月21日までを期間として発令していた
感染拡大警報を一段階引き上げ
3月9日から3月21日までを期間とした
感染拡大特別警報を発出
いたしました。

鯖江市におきましては、
これに伴う公共施設の利用制限の更なる引上げは行いませんが、
3月21日までとしております利用制限は継続いたします。
施設ごとの利用制限状況につきましては、
市のホームページでご確認いただくか、
各施設にお問い合わせください。
公共施設でのイベント等の開催状況につきましても、
市のホームページまたは主催者へのお問い合わせによりご確認ください。

また、
部活動やスポーツ少年団等の活動自粛も
3月21日までとさせていただいております。

現在、市内においても子どもたちへの感染が広がり、
小中学校や保育所等を
臨時休業せざるを得ない状況が続いております。
引き続き、子どもたちへの感染を防ぐため
市民の皆様におかれましては、
改めて次のとおり感染防止の徹底をお願い申し上げます。

食事中を含め、会話時のマスク着用を徹底してください。
長時間の宴会は控えてください。
県外の方との飲食は控えてください。
・手指消毒を徹底してください。
高齢者や基礎疾患がある方が同居している場合は、
家庭でも会話時のマスク着用、こまめな換気など感染対策を徹底してください。
・マスク着用が難しい未就学児に代わって、周りの大人がマスクの着用を徹底してください。
感染拡大地域(直近1週間の感染者数が人口10万あたり15人以上の地域:県HPで毎日更新)との往来は慎重に判断してください。
・無症状であっても感染の不安があるという方は、県の無料抗原検査を受けることができますので活用してください。
・毎日の検温など、体調管理を徹底してください。
体調不良時は、登校・出勤を控え、迷わずに医療機関に電話相談してください。

また、感染者・濃厚接触者や医療従事者
ならびにそのご家族や関係者のみなさまへの誹謗中傷や差別的行為は、絶対にしないでください。

なお、ワクチン接種につきましては、
新たに2月からは、18歳以上の皆さんを対象に3回目の接種を、
また、3月からは、
5歳から11歳のお子さんを対象に 1・2回目の接種
を開始しております。
18歳以上の皆さんには、
2回目の接種から概ね6か月を経過した時点で
順次接種券を発送しておりますので、接種券がお手元に届き次第、
個別接種は、指定医療機関に直接、
集団接種は、市のワクチン接種コールセンターへのお電話、
または、市予約システムによりオンラインで行ってください。
使用するワクチンは、
ファイザー社製または武田/モデルナ社製です。
なお、10代と20代の男性につきましては、
ファイザー社製のほうが、心筋炎・心膜炎の発症報告の頻度が低いことを受け、
ファイザー社製ワクチンの優先接種枠を設けております。

5歳から11歳のお子さんにつきましては、
1月末時点の対象者には先月発送いたしました。
今後は、5歳になる誕生月の末日に順次発送いたします。
集団接種は行わず、市内の指定医療機関6か所における
個別接種のみ実施しております。
使用するワクチンは小児用ファイザー社製ワクチンとなります。
接種券に同封の資料をよく確認し、
ご家族で十分に話し合って接種するかどうか決めた上で、
指定医療機関に予約をしてください。
その他詳しくは市のホームページをご確認ください。

以上、市民の皆様には、
引き続き、我慢をしていただくことになりますが、
感染拡大防止に、
「チームさばえ」として一丸となって取り組むため、
ご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げます。

令和4年3月4日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

鯖江市長の佐々木勝久です。
新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けてお願いを申し上げます。
福井県内では、家庭内、職場、学校等における感染が増えており、
3月に入り、1日当たりの新規感染者数が連日300人を超えるなど、
依然として高い水準で推移していることから、
3月6日までを期間として発令されていた
福井県感染拡大警報が3月21日まで延長
されることになりました。

これに伴い、鯖江市におきましても、
3月6日までとしておりました
公民館等の公共施設の利用制限を3月21日まで延長
することといたします。
施設ごとの利用制限状況につきましては、
市のホームページでご確認いただくか、
各施設にお問い合わせください。
公共施設でのイベント等の開催状況につきましても、
市のホームページまたは主催者へのお問い合わせによりご確認ください。
また、
部活動やスポーツ少年団等の活動自粛も3月21日まで延長
させていただきます。

現在、市内においても子どもたちへの感染が広がり、
小中学校や保育所等を臨時休業せざるを得ない状況が続いております。
引き続き、子どもたちへの感染を防ぐため
市民の皆様におかれましては、
改めて次のとおり感染防止の徹底をお願い申し上げます。

食事中を含め、会話時のマスク着用を徹底してください。できない場合は会食を控えてください。
・手指消毒を徹底してください。
高齢者や基礎疾患がある方が同居している場合は、家庭でも会話時のマスク着用、こまめな換気など感染対策を徹底してください。
・マスク着用が難しい未就学児に代わって、周りの大人がマスクの着用を徹底してください。
感染拡大地域(直近1週間の感染者数が人口10万あたり15人以上の地域:県HPで毎日更新)との往来は慎重に判断してください。
・無症状であっても感染の不安があるという方(福井県民)は、県の無料抗原検査を受けることができますので活用してください。
・毎日の検温など、体調管理を徹底してください。
体調不良時は、登校・出勤を控え、迷わずに医療機関に電話相談してください。

また、感染者・濃厚接触者や医療従事者ならびに
そのご家族や関係者のみなさまへの誹謗中傷や差別的行為は、
絶対にしないでください。
なお、ワクチン接種につきましては
新たに2月からは、18歳以上の皆さんを対象に3回目の接種を、
また、3月からは、5歳から11歳のお子さんを対象に1・2回目の接種を開始しております。

18歳以上の皆さんには、2回目の接種から概ね6か月を経過した時点で
順次接種券を発送しておりますので、接種券がお手元に届き次第、
個別接種は、指定医療機関に直接、
集団接種は、市のワクチン接種コールセンターへのお電話、
または、市予約システムによりオンラインで行ってください。

使用するワクチンは、
ファイザー社製または武田/モデルナ社製です。
なお、10代と20代の男性につきましては、
ファイザー社製の方が
心筋炎・心膜炎の発症報告の頻度が低いことを受け、
ファイザー社製ワクチンの優先接種枠を設けております。

5歳から11歳のお子さんにつきましては
1月末時点の対象者には、先月発送いたしました。
今後は、5歳になる誕生月の末日に順次発送いたします。
集団接種は行わず、市内の指定医療機関6か所における個別接種のみ実施しております。
使用するワクチンは小児用ファイザー社製ワクチンとなります。
接種券に同封の資料をよく確認し、
ご家族で十分に話し合って
接種するかどうか決めた上で、
指定医療機関に予約をしてください。
その他詳しくは市のホームページをご確認ください。

以上、市民の皆様には、引き続き、我慢をしていただくことになりますが、
感染拡大防止に、「チームさばえ」として一丸となって取り組むため、
ご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げます。

令和4年2月18日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

鯖江市長の佐々木勝久です。
新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けてお願いを申し上げます。
福井県内において保育園や小学校における感染が収まらない中、
高齢者への感染も拡大し、
1日当たりの新規感染者数が200人を超える日が続いていることから、
2月20日までを期間として発令されていた
福井県感染拡大警報が
3月6日まで延長されることになりました。

これに伴い、鯖江市におきましても、
2月20日までとしていました
公民館等の公共施設の利用制限を
3月6日まで延長することといたします。
施設ごとの利用制限状況につきましては、
市のホームページでご確認いただくか、
各施設にお問い合わせください。
公共施設でのイベント等の開催状況につきましても、
市のホームページまたは主催者へのお問い合わせによりご確認ください。
また、
部活動やスポーツ少年団等の活動自粛も
3月6日まで延長させていただきます。

現在、市内においても子どもたちへの感染が広がり、
小中学校や保育所等を臨時休業せざるを得ない状況が続いております。
引き続き、子どもたちへの感染を防ぐため
市民の皆様におかれましては、
改めて次のとおり感染防止の徹底をお願い申し上げます。

食事中を含め、会話時のマスク着用を徹底してください。できない場合は会食を控えてください。
・寒い時でもこまめな換気を行ってください。
・手指消毒を徹底してください。
高齢者や基礎疾患がある方が同居している場合は、家庭でも会話時のマスク着用、こまめな換気など感染対策を徹底してください。
・マスク着用が難しい未就学児に代わって、周りの大人がマスクの着用を徹底してください。
感染拡大地域(直近1週間の感染者数が人口10万あたり15人以上の地域:県HPで毎日更新)との往来は慎重に判断してください。
・無症状ではあるが感染の不安があるという方(福井県民)は、県の無料抗原検査を受けることができますので活用してください。
・毎日の検温など、体調管理を徹底してください。
体調不良の時は、登校・出勤を控え、迷わずに医療機関に電話相談してください。

また、感染者・濃厚接触者や医療従事者ならびに
そのご家族や関係者のみなさまへの誹謗中傷や差別的行為は、絶対にしないでください。

なお、3回目のワクチン接種は、
2月から、18歳以上の皆さんの接種を行っています。
2回目の接種から概ね6か月を経過した時点で
順次接種券を発送していますので、接種券がお手元に届き次第、
個別接種は、指定医療機関に直接、
集団接種は、市のワクチン接種コールセンターへの電話、
または、市予約システムによりオンラインで行ってください。
使用するワクチンは、
ファイザー社製または武田/モデルナ社製です。
なお、10代と20代の男性については、
ファイザー社製の方が、
心筋炎・心膜炎の発症報告の頻度が低いことを受け、
ファイザー社製ワクチンの優先接種枠を設けています。

また、5歳から11歳のお子さんの接種を3月から行います
接種券は2月17日に、
H21年2月からH29年1月生まれのお子さんについて発送し、
以降、5歳になる誕生月の末日に順次発送します。
予約は2月24日から開始
集団接種は行わず、個別接種のみとし、市内の指定医療機関6か所で実施します。
使用するワクチンは小児用ファイザー社製ワクチンとなります。
接種券に同封の資料をよく確認し、
家族で十分に話し合って接種するかどうか決めた上で、
指定医療機関に予約してください。
その他詳しくは市のホームページをご確認ください。

以上、市民の皆様には、引き続き、我慢いただくことになりますが、
感染拡大防止に、「チームさばえ」として一丸となって取り組むため、
ご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げます。

令和4年1月31日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

鯖江市長の佐々木勝久です。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けてお願いを申し上げます。
国内において1週間あたりの新規感染者数が初めて50万人を超える中、
福井県内においても学校および家庭での感染が増加し、
新規感染者数が、1日当たりで200人、1週間では1000人を超えるなど
感染拡大が止まらない状況にあることから、
1月31日までを期間として発令されていた
福井県感染拡大警報が2月20日まで延長
されることになりました。

これに伴い、鯖江市におきましても、
1月31日までとしておりました公民館等の公共施設の利用制限を、
2月20日まで延長することといたします。
施設ごとの利用制限状況につきましては、
市のホームページでご確認いただくか、
各施設にお問い合わせください。
公共施設でのイベント等の開催状況につきましても、
市のホームページまたは主催者へのお問い合わせによりご確認ください。
また、部活動やスポーツ少年団等の活動自粛も
2月13日まで延長させていただきます。

現在、市内においても子どもたちへの感染が広がり、
小中学校や保育所等を臨時休業せざるを得ない状況が続いております。
引き続き、子どもたちへの感染を防ぐため
市民の皆様におかれましては、
改めて次のとおり感染防止の徹底をお願い申し上げます。
感染拡大地域(直近1週間の感染者数が人口10万あたり15人以上の地域:県HPで毎日更新)との往来は慎重に判断してください。
飲食中も含め会話時のマスク着用を徹底してください。できない場合は会食を控えてください。
高齢者や基礎疾患がある方が同居している場合は、家庭でもマスクを着用してください。
・手指消毒を徹底してください。
・寒い時でも定期的な換気を行ってください。
・毎日の検温など、体調管理を徹底してください。
・無症状ではあるが感染の不安があるという方(福井県民)は
県の無料抗原検査を受けることができますので活用してください。
体調不良の時は、登校・出勤を控え、迷わずに医療機関に電話相談してください。
また、感染者・濃厚接触者や医療従事者ならびに
そのご家族や関係者のみなさまへの誹謗中傷や差別的行為は、
絶対にしないでください。

なお、3回目のワクチン接種につきましては、
2月からは、65歳以上の皆さんの接種を、
3月からは、18歳以上64歳以下の皆さんの接種を開始します。
原則として、2回目の接種から8ヵ月経過後に可能とされておりますが、
65歳以上の方は、最大で2ヵ月、
18歳から64歳の方は、1ヵ月前倒しで接種していただけます。
接種券は、接種が可能となる月の前月末までに発送します。
到着が翌月になる場合もございますが、慌てずにお待ちください。
接種券がお手元に届きましたら、内容をよくご確認いただき、
お早めに個別接種(指定医療機関)または集団接種の予約をお願いします。
詳しくは接種券に同封された資料または市のホームページをご確認ください。

以上、市民の皆様には、引き続き、我慢いただくことになりますが、
感染拡大防止に、「チームさばえ」として一丸となって取り組むため、
ご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げます。

令和4年1月26日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

鯖江市長の佐々木勝久です。
新型コロナワクチン接種についてお知らせします。

2回目の接種から時間の経過に伴い、
感染予防や重症化予防の効果が徐々に低下していくと言われている中、
オミクロン株による感染の急拡大を受けまして、
3回目の追加接種を前倒しして行うことといたしました。

鯖江市では、昨年12月から医療従事者の接種を、
また、1月11日からは施設入所者や従事者の接種を開始してまいりましたが、
2月からは、65歳以上の皆さんの接種を、
3月からは、18歳以上64歳以下の皆さんの接種を開始します。

3回目の接種は、原則として、2回目の接種から8ヵ月経過後に可能とされておりますが、
65歳以上の方は、最大で2ヵ月、
18歳から64歳の方は、1ヵ月前倒しで接種していただけます。

接種券は、接種が可能となる月の前月末までに発送します。
1月27日から対象の方に順次発送を行いますが、
接種券がお手元に届くまでには数日かかります。
到着が翌月になる場合もございますが、慌てずにお待ちください

接種券がお手元に届きましたら、内容をよくご確認いただき、
お早めに個別接種(指定医療機関)または集団接種の予約をお願いします。

予約につきましては、
個別接種は、接種券がお手元に届きしだい指定医療機関に直接、
集団接種は、2月1日から、市のワクチン接種コールセンターへの電話、
または、市予約システムによりオンラインで行ってください。

また、使用するワクチンにつきましては、
1・2回目に接種したワクチンの種類にかかわらず、
ファイザー社または武田/モデルナ社のワクチンを使用します。
本市が実施した1・2回目の接種では、すべてファイザー社のワクチンを使用しましたが、
3回目の接種のワクチンは、半分が、武田/モデルナ社のワクチンとなります。
3回目の接種は、1・2回目に接種したワクチンの種類に関係なく、
安全かつ十分な効果があることが報告されておりますが、
どちらのワクチンを使用するのかについて不安がある方は、
かかりつけ医にご相談いただくか
予約時にお問い合わせください。

このほかご不明な点がございましたら、
市のワクチン接種コールセンターへお問い合わせください。

新型コロナウイルスの感染が急拡大しておりますが、
これを防止するには「チームさばえ」として
一丸となって取り組んでいかなければなりません。
基本的な感染対策の徹底に加え、
お早めにワクチン接種を受けていただきますよう、
皆様のご協力を切にお願い申し上げます。

令和4年1月21日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

鯖江市長の佐々木勝久です。
新型コロナウイルスの感染急拡大が止まりません。
国内において、オミクロン株による流行の驚異的な勢いに歯止めがかからず、
県内においても、教育現場での感染拡大が目立つ中
昨日(1月20日)には1日あたりの新規感染者数が
100人を超えるなど、高い水準で推移しており、
現在、1月31日までを期間として、
福井県感染拡大警報が発令されております。
市内におきましても、小中学校や保育所等に通う子どもたちへの感染が広がり、
臨時休業をせざるを得ない状況が続いております。

このような中、明日から週末を迎えることになりますのが、
子どもたちを守るため大人からの感染を食い止めるよう市民の皆様に、
改めて次のとおり感染防止の徹底をお願い申し上げます。

感染拡大地域(直近1週間の感染者数が人口10万あたり15人以上の地域:県HPで毎日更新)の往来は慎重に判断してください。
飲食中も含め会話時のマスク着用を徹底してください。できない場合は会食を控えてください
・体調不良の家族がいる場合には、生活空間を分け、家庭でもマスクを着用してください。
・手指消毒を徹底してください。
・寒い時でも定期的な換気を行ってください。
・毎日の検温など、体調管理を徹底してください。
・無症状ではあるが感染の不安があるという人(福井県民)は、県の無料PCR・抗原検査を受けることができますので活用してください。
体調不良の時は、登校・出勤を控え、迷わずに医療機関に電話相談してください。

また、感染者・濃厚接触者や医療従事者ならびに
そのご家族や関係者のみなさまへの誹謗中傷や差別的行為は、
絶対にしないでください。

また、鯖江市では、感染対策を徹底するため、
1月31日までの期間、公民館等の市内公共施設の利用について
利用者を県民に限定するなどの制限を行っています。
詳しくは市のホームページでご確認いただくか、
各施設やイベントの主催者にお問い合わせください。

また、部活動やスポーツ少年団等の活動を自粛するようお願いしております。

市民の皆様には、何かと我慢をいただいておりますが、
感染拡大を防止するには「チームさばえ」として
一丸となって取り組んでいかなければなりません。
皆様のご理解とご協力を切にお願い申し上げます。

令和4年1月13日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

鯖江市長の佐々木勝久です。
国内の新型コロナウイルスの感染急拡大が止まりません。
1日あたりの国内新規感染者数が、4か月ぶりに1万人を超えるなど
著しく増加しております。
福井県内においても、本日(1月13日)の1日あたりの新規感染者数が
過去最多の82人となるなど非常に厳しい状況にあることから、
1月13日から1月31日までを期間として、
福井県感染拡大警報が発出されました。

そこで、市民の皆様におかれましては、
十分に感染防止対策をとっていただきますよう、
改めて次のとおりお願い申し上げます。

・感染拡大地域(直近1週間の感染者数が人口10万あたり15人以上の地域:県HPで毎日更新)の往来時には人込みを避けるなど感染対策を徹底してください。
・飲食中も含め会話時のマスク着用を徹底してください。できない場合は会食を控えてください。
・体調不良の家族がいる場合には、生活空間を分け、家庭でもマスクを着用してください。
・手指消毒を徹底してください。
・寒い時でも定期的な換気を行ってください。
・毎日の検温など、体調管理を徹底してください。
・無症状ではあるが感染の不安があるという人(福井県民)は、県の無料PCR・抗原検査を受けることができますので活用してください。
・体調不良の時は、登校・出勤を控え、迷わずに医療機関に電話相談してください。

また、感染者・濃厚接触者や医療従事者ならびに
そのご家族や関係者のみなさまへの誹謗中傷や差別的行為は、
絶対にしないでください。

なお、鯖江市におきましても、今回の感染拡大警報を受け、
市民の皆様の命と生活を守るため、
これまでの感染対策をさらに徹底してまいります。

まず、公民館等の市内公共施設の利用について
利用者を県民に限定するなどの制限を行います。
詳しくは市のホームページでご確認いただくか、
各施設やイベントの主催者にお問い合わせください。
また、部活動やスポーツ少年団等の活動につきましては、
全国の大会・コンクール等への出場を除き、
県内でのみ行うようにしてください。

市民の皆様には、再び我慢をお願いすることになりますが、
感染拡大を防止するには「チームさばえ」として
一丸となって取り組んでいかなければなりません。
皆様のご理解とご協力を切にお願い申し上げます。

令和4年1月11日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

鯖江市長の佐々木勝久です。
国内の新型コロナウイルスの感染が急拡大しております。
1日あたりの国内新規感染者数は、
4日連続で6千人から8千人台と高い水準となっており、
この3連休や成人式などの影響により、
今後さらに膨らむことが懸念されています。
福井県内においても、昨日の1日あたりの新規感染者数が過去2番目の多さとなる48人、
1週間では134人と急増しており、
非常に厳しい状況にあることから、
1月10日から1月31日までを期間として、
福井県感染拡大注意報が発出されました。

そこで、市民の皆様におかれましては、
十分に感染防止対策をとっていただきますよう、
改めて次のとおりお願い申し上げます。

感染拡大地域(直近1週間の感染者数が人口10万あたり15人以上の地域:県HPで毎日更新)の往来時には人込みを避けるなど感染対策を徹底してください。
飲食中も含め会話時のマスク着用を徹底してください。できない場合は会食を控えてください。
・体調不良の家族がいる場合には、生活空間を分け、家庭でもマスクを着用してください。
・手指消毒を徹底してください。
・寒い時でも定期的な換気を行ってください。
・毎日の検温など、体調管理を徹底してください。
・無症状ではあるが感染の不安があるという人(福井県民)は、県のPCR・抗原無料検査を受けることができますので活用してください。
・体調不良の時は、通勤通学を控え迷わずに医療機関に電話相談してください。

また、感染者・濃厚接触者や医療従事者ならびに
そのご家族や関係者の皆様への誹謗中傷や差別的行為は
絶対にしないでください。

感染拡大を防止するには「チームさばえ」として
一丸となって取り組んでいかなければなりません。
引き続き、皆様のご理解とご協力を切にお願い申し上げます。

令和4年1月7日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

鯖江市長の佐々木勝久です。
国内で新型コロナウイルスの感染が拡大しています。
福井県でも、ここ1週間で15人が感染し、
県内初のオミクロン株も確認されました。
市内でも、一昨日に2人が感染、
いずれもオミクロン株であることが判明しております。
今後、このオミクロン株への置き換えが進み、
感染がさらに拡大していくことが懸念されています。
このような中、明日からの3連休では、
本市をはじめ県内各市町で成人式が開催されるなど
大きな人の流れが予想されますので、
市民の皆様には十分に感染防止対策をとっていただきますよう、
改めて、お願い申し上げます。

・成人式のために帰省する家族に対し、検査受検を呼びかけてください。なお、無症状ではあるが感染の不安があるという人(福井県民)は、県の無料検査を受けることができますので活用してください。
・県外往来時などは、訪問する地域の感染状況を把握し、人込みを避けるなどの感染対策を行ってください。
・飲食中も含め会話時のマスク着用を改めて徹底してください。
・手指消毒を徹底してください。
・寒い時でも定期的な換気を行ってください。
・毎日の検温など、体調管理を徹底してください。
・体調不良の時は、迷わずに医療機関に電話相談してください。

また、感染者・濃厚接触者や医療従事者ならびに
そのご家族や関係者の皆様への誹謗中傷や差別的行為は
絶対にしないでください。

感染拡大を防止するためには「チームさばえ」として
一丸となって取り組んでいかなければなりません。
引き続き、皆様のご理解とご協力を切にお願い申し上げます。

令和3年12月28日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

本市では、今年の5月20日の定例記者会見において、「ゼロカーボンシティ」を宣言し、
2050年の二酸化炭素排出量実質ゼロを目指して取り組んでいくこととしております。
今回、この取組みのひとつとして、
市民の皆様に、ごみの分別を、今一度徹底していただくためにお願いを申し上げます。
一人当たりのごみの排出量につきましては、
以前より、目標値を掲げて減量化に向けた様々な取組みや広報等による啓発を行ってまいりましたが、
残念ながら平成29年度以降、増加傾向にあります。
また、市では毎年、
家庭から出された「燃やすごみ」の中身を調べる組成調査を実施しておりますが、
今年度の調査では、「紙類」や「容器包装プラスチック」などの
資源物が33.3%含まれていることがわかりました。
このことは、しっかりとごみを分別していただければ、燃やすごみを3分の1減らせることを意味しています。
その結果、ごみを燃やすことで発生する二酸化炭素の排出を削減できるだけではなく、
ごみ焼却に関わる経費が削減されることで財政の健全化にもつながります。
このような中、市では、全ての市民の皆様と共に、
全力を挙げて「燃やすごみ」の削減に取り組んでまいりたいと考えております。
そこで、まずは、ごみの分別を徹底していただくために、
苦渋の決断ではありますが、
ご自身が出す「燃やすごみ」に責任を持っていただけるよう、
ごみ袋への記名をお願いしてまいります。
この取組みにより、ごみ減量化の目標を達成すれば、記名の取りやめも検討することになりますが、
もし、効果が現れない場合は、
分別がなされていない「燃やすごみ袋」を回収しないことや、ごみ袋の値上げを検討するなど、
段階的に対策の強化を図っていかなければならないと考えております。
すでに各地区区長会に説明させていただいておりますが、
今後、各町内に対しましても職員が伺い、丁寧な説明を行ってまいります。
ごみの減量化においては、行政による大掛かりな取組みよりも、
市民の皆様お一人お一人の小さな取組みが必要となります。
各ご家庭において、「燃やすごみ」、「雑がみ」、「色トレー・その他プラスチック製容器」を
回収する袋を一緒に並べておくと簡単に分別の習慣がつきますので、
試していただきたいと思います。
市民の皆様お一人お一人の心がけ・ご協力が
持続可能な鯖江市の運営に大変大きく貢献することになりますので、
何卒ご理解の上、ご協力いただきますようお願いいたします。

令和3年10月15日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

鯖江市長の佐々木勝久です。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けてお願いを申し上げます。
福井県では、10月1日以来、感染拡大警報が発令されていましたが、県内の
感染状況を踏まえ、10月15日から解除されることになりました。
注意報等の発令がない状況は実に200日ぶりとなります。

これに伴い、鯖江市におきましても、現在行っております、公民館等の公共施設の利用制限を、10月15日から解除することといたします。
施設によりましては3密を避けるため、
利用人数に制限を設させていただくところもございますので、
各施設にお問い合わせください。

また、鯖江市のコロナワクチン接種状況についてでありますが、
今月末には、12歳以上の皆様の約85%が接種を終えることになります。
大変高い割合でありますが
まだ接種されていない皆様におかれましては、
ワクチン接種には高い発症予防効果と
重症化予防効果が認められていますので、
早期の接種をご検討いただきますようお願いいたします。
接種の予約については、
鯖江市ワクチン接種コールセンターまでお電話ください。

しかし、一方で、国内において、
ワクチンを2回接種した後に感染してしまう
ブレークスルー感染が発生しております。
症状が軽く感染に気付きにくい場合があり、
知らないうちに感染を広げることもあることから警戒が必要です
市民の皆様におかれましては、
気を緩めず、引き続き十分に感染防止対策をとっていただきますよう、改めてお願い申し上げます。

・昼食時、休息時を含めてマスクの着用を徹底してください。
・他県との往来をする際は、人混みを避けるなど感染防止対策を徹底し、
帰ってきた後の体調管理に注意してください。
・会食は、ふくい安全・安心認証店を利用し、マスク会食を徹底するとともに、4人以下のテーブルで行ってください。
・体調不良の場合は、無理をして外出・出勤しないようにしてください。
・発熱等の症状があるときは、最寄りの医療機関に電話相談してください。

また、感染者・濃厚接触者や医療従事者ならびにそのご家族や関係者のみなさまへの誹謗中傷や差別的行為は絶対にしないでください。

以上、市民の皆様には、引き続き、感染拡大防止に、「チームさばえ」として一丸となって取り組むため、ご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げます。

令和3年9月10日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

鯖江市長の佐々木勝久です。
新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けてお願いを申し上げます。

福井県では、8月6日以降、緊急事態宣言が発出されておりましたが
県内の感染状況を踏まえ、
9月13日から感染拡大特別警報へと1段階引き下げられることになりました。

これに伴い、鯖江市において現在行っております、
公民館等の公共施設の利用制限を9月13日から緩和し、
基本的に市民の皆様に限りご利用いただけるようにいたします。
これまでたいへんな我慢・ご協力をいただいておりました皆様に
心から感謝申し上げます。
誠にありがとうございました。

なお、9月13日以降の施設ごとの利用制限の詳細につきましては、
市のホームページでご確認いただくか、各施設にお問い合わせください。
また、公共施設でのイベント等の開催状況につきましても、
市のホームページまたは主催者へのお問い合わせによりご確認ください。

さて、このたび感染拡大特別警報へと引き下げられることにはなりましたが、
新型コロナウイルス感染状況からは、引き続き目が離せません。

国内においては、
8月20日の25,868人をピークに減少傾向にはあるものの、
9月9日時点で10,400人、
19都道府県の緊急事態宣言が9月30日まで延長されるとともに、
まん延防止等重点措置も12県と、
依然厳しい状況が続いています。

福井県内においても、
9月9日までの直近1週間の感染者数が163人、
人口10万人当たりでは21.2人となっており、
これは、国の指標ではステージ3(緊急事態宣言)に相当しています。

そこで、市民の皆様におかれましては、
引き続き、気を緩めることなく、十分に感染防止対策をとっていただきますよう、
改めて次のとおりお願い申し上げます。

・食事中を含め、会話をする際は、マスク着用の徹底をより一層心掛けてください。
他県との不要不急の往来は、原則中止・延期してください。
出張や赴任先からの帰省等についても、延期できないか検討してください。
他県との往来をした場合は、家庭内でのマスク着用など十分な感染対策を徹底してください。
会食は、4人以下で「ふくい安全・安心認証店」を利用し、マスク会食を徹底してください。
会話時のマスク着用を徹底できない集まりは、中止・延期してください。
・発熱等の症状がある場合は、かかりつけ医・最寄りの医療機関に電話で相談してください。
・体調不良の同居家族がいる場合には、部屋や食事などの生活空間を分けてください。
・感染した時は、周りの人たちを守るため、保健所の調査に協力してください。
・ワクチン接種は強制ではありませんが、ワクチンには高い発症予防効果と重症化予防効果が認められています。
鯖江市における
第1回目接種を対象とする集団接種は、残すところ、
9月11日(土曜日)、12日(日曜日)、13日(月曜日)および22日(水曜日)の4回となっております。
集団接種をご希望の方は、早期の予約をご検討ください。
なお、鯖江市では、土日での接種を希望される方が多く、
予約できない方がおられたため、
9月11日(土曜日)、12日(日曜日)の接種枠を拡大させていただきました。
まだ土日の接種枠にも余裕がございますので、
土日での集団接種をご希望の方は、
明日(9月11日)、明後日(9月12日)での接種をご検討ください。

また、感染者・濃厚接触者や医療従事者ならびに
そのご家族や関係者のみなさまへの誹謗中傷や差別的行為は、
絶対にしないでください。

感染拡大を防止し、かつての日常を取り戻すためには、
「チームさばえ」として、一丸となって取り組んでいかなければなりません。
引き続き、市民の皆様のご理解とご協力を切にお願い申し上げます。

 

令和3年9月9日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

鯖江市長の佐々木勝久です。
このたび、国保年金課所属の市役所職員1名
新型コロナウイルスに感染したことが判明しました。
市民の皆様にはご心配をおかけし、心よりお詫び申し上げます。

当該職員に関する経過を申し上げますと
9月7日(火曜日)出勤後、発熱はないものの、体のダルさ、頭痛の症状が出始めたことから、
同日(9月7日)午後から出勤を控え
翌日(9月8日)には37.5度を超える発熱の症状があったため、
医療機関で診察を受け、
念のため、PCR検査を受けたところ
本日(9月9日)に陽性と判明いたしました。

すべての職員は、毎朝、
体温測定などの健康観察、マスク着用、手指消毒を行うとともに、
執務室や共用部分を毎日複数回、消毒作業・換気を行うなど
感染防止対策の徹底を図っており、
保健所からは、その他の職員は、現段階では濃厚接触者には該当しない旨の判断を受けておりますが、
念のため、当該職員が所属する
国保年金課および同課に隣接する市民窓口課の職員、その他接触が疑われる職員、
合わせて24人のPCR検査を本日実施するとともに
執務スペースおよび動線経路の消毒作業を行いました。
国保年金課および市民窓口課の業務は、本日13時から基本的に休止していますが、
ご予約済みの要件や緊急を要する届出等につきましては対応いたしております。
なお、明日以降は、PCR検査の結果が陰性となった職員で通常業務を行う予定です
ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

市では、職員から新たな感染者が発生したことを重く受け止め、
今後一層、全職員が感染防止に向けた取組みを徹底するとともに、
今後も保健所等の関係機関と連携しながら、
感染拡大防止に全力で努めてまいります。

令和3年8月6日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

鯖江市長の佐々木勝久です。
国内の新型コロナウイルス感染症の感染拡大が止まりません。
昨日、1日あたりの国内新規感染者数が初めて1万5千人を超える中、
今月8日から、まん延防止等重点措置の適用地区に
新たに8県が追加されるなど
大都市から地方へ感染が広がっています。

福井県内においても、直近1週間の感染者数が216人、
人口10万人当たりでは28.1人となっており、
これは、国の指標ではステージ4(爆発的感染拡大)に相当しています。
また、感染経路は、県外や飲食店で感染した人が
家族や同僚に感染を広げるケースが多くなっています。
また、感染力の強い変異ウイルスであるデルタ株の増加も確認され
極力、人と人の接触を抑制しなければなりません。

このような状況を受け、
県では、8月6日から8月24日までを期間として、
緊急事態宣言を発出し、
11日からは、ふくい安全・安心認証店を除く飲食店に対し
営業時間の短縮を要請するなど、
感染対策を強化することとしました。

鯖江市におきましても、今回の緊急事態宣言を受け、
市民の皆様の命と生活を守るため、
最大限の感染拡大防止策を講じてまいります。
8月10日から8月24日までの間、
公民館等の市内公共施設について貸館を中止するなど利用制限を
強化いたします。

それに伴い、公共施設でのイベント等も延期または中止されることになります。詳しくは市のホームページでご確認いただくか、
各施設や主催者にお問い合わせください。

市民の皆様におかれましては、
十分に感染防止対策をとっていただきますよう、
改めて次のとおりお願い申し上げます。

旅行、帰省など、県外との往来および県外からの来県は、原則中止・延期してください。
出張や赴任先からの帰省などについても、延期できないか検討してください。
同居家族以外との不要不急の外出は慎重に判断してください。
・特に、親しい間柄の集まりなど、会話時のマスク着用が徹底できない場合は中止・延期してください。
・買い物や映画鑑賞などの外出時は、マスク着用・手指消毒等の感染対策を徹底してください。
・食事中を含め、会話をする際は、マスク着用の徹底をより一層心掛けてください。
・発熱等の症状がある場合は、かかりつけ医・最寄りの医療機関に電話で相談してください。
・体調不良の同居家族がいる場合には、部屋や食事などの生活空間を分けてください。
・感染した時は、周りの人たちを守るため、保健所の調査に協力してください。
・ワクチン接種は強制ではありませんが、ワクチンには高い発症予防効果と重症化予防効果が認められていますので、早期の予約をご検討ください。 

また、感染者・濃厚接触者や医療従事者ならびに
そのご家族や関係者のみなさまへの誹謗中傷や差別的行為は、
絶対にしないでください。

市民の皆様には、大きな我慢をお願いすることになりますが、
感染拡大を防止するには「チームさばえ」として
一丸となって取り組んでいかなければなりません。

皆様のご理解とご協力を切にお願い申し上げます。

 

令和3年8月4日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

鯖江市長の佐々木勝久です。
国内の新型コロナウイルスの感染が急拡大しております。
1日あたりの国内新規感染者数は、先月29日に初めて1万人を超えて以来、
3日連続で過去最多を更新し、31日には1万2千人を超え、
昨日(8月3日)にも再び1万2千人台となり、
火曜日の新規感染者数としては過去最多を更新しております。
特に前の週の同じ曜日との比較で著しく増加をしていることから、
今後、更に新規感染者数が伸びる可能性が非常に高い状況にあります。
福井県内においても、1日あたりの新規感染者数が連日二桁台で推移し、
昨日(8月3日)には過去最多となる43名の新規感染者が出るなど
非常に厳しい状況にあることから、
8月3日から8月20日までを期間として、
感染拡大特別警報が発出されました。

そこで、市民の皆様におかれましては、
十分に感染防止対策をとっていただきますよう、
改めて次のとおりお願い申し上げます。

旅行、帰省など、県外との往来および県外からの来県は、原則中止・延期をしてください。
同居家族以外との不要不急の外出は慎重に判断してください。
・同居家族以外と会食をする場合は、飲食店や自宅などの場所に関わらず4人以下で行ってください。
・食事中を含め、会話をする際は、マスク着用の徹底をより一層心掛けてください。
・発熱等の症状がある場合は、かかりつけ医・最寄りの医療機関に電話で相談してください。
・体調不良の同居家族がいる場合には、部屋や食事などの生活空間を分けてください。
・感染した時は、周りの人たちを守るため、保健所の調査に協力してください。
・ワクチン接種は強制ではありませんが、ワクチンには高い発症予防効果と重症化予防効果が認められていますので早期の予約を検討ください。

また、感染者・濃厚接触者や医療従事者ならびにそのご家族や関係者のみなさまへの誹謗中傷や差別的行為は、絶対にしないでください。

なお、鯖江市におきましても、今回の感染拡大特別警報を受け、
市民の皆様の命と生活を守るため、
これまでの感染対策をさらに徹底してまいります。

まず、公民館等の市内公共施設の利用について、利用者を市民に限定するなどの制限を行います。
詳しくは市のホームページでご確認いただくか、
各施設やイベントの主催者にお問い合わせください。
また、
部活動やスポーツ少年団等の活動につきましては、
全国や県の大会・コンクール等を控えている場合を除き、
活動を自粛してください。

市民の皆様には、再び我慢をお願いすることになりますが、
感染拡大を防止するには「チームさばえ」として
一丸となって取り組んでいかなければなりません。
皆様のご理解とご協力を切にお願い申し上げます。

 

7月14日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

鯖江市長の佐々木勝久です。
新型コロナワクチン接種についてお知らせいたします。
国からのワクチン供給が、
8月以降について不足する恐れがあったことから、
先週7月5日からワクチン接種の新規予約を一時停止するとともに、
国や県に対しまして、ワクチンの必要量確保の要請をしてまいりました。
その結果、本日、一定の供給量の見通しが立ちましたので、
集団接種、個別接種ともに、明日7月15日の9時から予約の受付を再開いたします
予約が可能な接種日は、9月13日までとさせていただきます。

また、8月18日から23日に実施いたします
サンドーム福井での集団接種につきましては、
既に定員に達しておりましたが、
接種枠を拡大することとしましたので、併せて追加で予約を受け付けます。

予約受付の再開は、明日7月15日の9時からとなります。
個別接種は各医療機関で、
集団接種は、市のワクチン接種コールセンターへの電話、
または、インターネットで予約してください。 

今後も、国からの供給量の見通しが立った時点で
予約可能な接種日を広げ、
市民の皆様に、ホームページ等でお知らせいたしますので、
御理解いただきますようよろしくお願いいたします。

令和3年7月11日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

鯖江市長の佐々木勝久です。
このたび、市役所職員1名
新型コロナウイルスに感染したことが判明しました。
市民の皆様にはご心配をおかけし、心よりお詫び申し上げます。

当該職員に関する経過を申し上げますと
感染の疑いがある者との接触があったことから、
念のため、7月8日(木曜日)から出勤を控え、
7月10日(土曜日)にPCR検査を受けたところ
同日に陽性と判明いたしました。

すべての職員は、毎朝、
体温測定などの健康観察、マスク着用、手指消毒を行うとともに、
執務室や共用部分を毎日複数回、消毒作業・換気を行うなど
感染防止対策の徹底を図っており、
保健所からは、 その他の職員は、濃厚接触者には該当しない旨の判断を受けておりますが、
念のため、本日、市役所庁舎内の消毒作業を行い、
感染拡大防止対策を徹底するとともに、
当該職員が所属する執務室内の職員等33名のPCR検査を実施し、
関連する部署においては、
それぞれ陰性が確認されるまで業務を停止いたします。
(※PCR検査の結果、全員の陰性が確認されたので、業務は通常通り行っています)

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

市では、先週、感染が判明した市職員と関連のないところから、
新たな感染者が発生したことを重く受け止め、
今後一層、全職員が感染防止に向けた取組みを徹底するとともに、
今後も保健所等の関係機関と連携しながら、
感染拡大防止に全力で努めてまいります。

令和3年7月4日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

このたび、市役所職員1名が新型コロナウイルスに感染したことが判明いたしました。
市民の皆様にはご心配をおかけし、心よりお詫び申し上げます。

なお、当該職員は、6月26日以降出勤しておりません。
また、窓口業務など不特定多数の市民と接触する業務には従事しておりません。

当該職員に関する経過を申し上げますと
6月25日午後、体調不良のため医療機関を受診し、
PCR検査を実施したところ陰性でありましたが、
自宅静養中に再発熱したため再度PCR検査を実施した結果、
7月3日(土曜日)に陽性と判明いたしました。

すべての職員は、毎朝、体温測定などの健康観察、マスク着用、手指消毒を行うとともに、
執務室内や共用部分を毎日複数回、消毒作業を行うなど感染防止対策の徹底を図っており、
管轄保健所からは、その他の職員は、濃厚接触者には該当しない旨の判断を受けておりますが、
念のため、当該職員が所属する執務室内の職員27名全員のPCR検査を本日実施いたします。
なお、PCR検査の結果が判明するまでは、当該フロアの部署は、業務を停止いたします。

その他の部署につきましては、
保健所の指示に従いながら、市役所庁舎内の消毒作業を行うなど、
感染拡大防止対策を徹底した上で、業務を継続いたします。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
また、7月1日(木曜日)に発熱(7月2日に判明)した中央中学校教員の新型コロナウイルス感染に関連し実施しておりました
当該教員と接触のあった教員や生徒に対するPCR検査の結果につきましては、
全員が陰性でありましたので、
明日、7月5日(月曜日)は臨時休業しますが、
校内の消毒作業を行った上で、7月6日(火曜日)から通常どおり学校を再開いたします。

市では、このたびの市職員および教職員の感染を重く受け止め、
今後一層、全職員が感染防止に向けた取組みを徹底するとともに、
今後も保健所等の関連機関と連携しながら、感染拡大防止に全力で努めてまいります。

また、新型コロナウイルスワクチンについてでありますが、
ワクチンが当初の計画どおり来ない可能性が出てまいりました。
市では、国に対し、必要な供給量を確保するよう強く要請するとともに、
明日、7月5日(月曜日)に新たな供給量の情報が入り次第、対応を協議した上で、
市民の皆様には、改めてお知らせいたしますので、
ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

令和3年6月25日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

鯖江市長の佐々木勝久です。
国内の新型コロナウイルス感染症の感染拡大が止まりません。
福井県では、昨日までの1週間で128人の方が感染され、
6月24日から7月8日までを期間として、
福井県緊急事態宣言が発出されております。

本市においては、今回の福井県緊急事態宣言を受け、
これまでの感染対策をさらに徹底してまいります。
現在のところ、公共施設の閉鎖や時短措置、
部活動、スポーツ少年団等の活動制限等は行っておりませんが、
県内では6日連続で20人前後の感染者が発生するとともに、
市内においても3日連続で感染者が発生するなど厳しい状況にあること、
また、昨日の福井県緊急事態宣言の発出を受け
施設の利用を制限した近隣自治体からの利用者の流入が懸念されることから、
公共施設の利用者につきましては、全国大会につながる大会などを除き、
原則として、鯖江市民に限定させていただきます。

さらに、今後の感染状況によっては、
新たに制限を加える必要性が出てまいりますので
不要不急のイベント、会議等の開催自粛や延期、リモートの活用などをご検討いただくとともに、
開催される場合には、十分に感染防止対策をとっていただきますよう、
改めて次のとおりお願い申し上げます。

・会食時、休息時を含めてマスクの着用を改めて徹底してください。
・家庭内においても、体調不良のご家族がいる場合は、マスクを着用してください。
・全都道府県との不要不急の往来を控えてください。
・体調不良の時は、迷わずに医療機関に電話相談してください。
・感染した時は、周りの人たちを守るため、保健所の調査に協力してください。

また、感染者・濃厚接触者や医療従事者ならびに
そのご家族や関係者のみなさまへの誹謗中傷や差別的行為は、
絶対にしないでください。

感染拡大を防止するには「チームさばえ」として一丸となって取り組んでいかなければなりません。
皆様のご理解とご協力を切にお願い申し上げます。

 

令和3年6月24日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

鯖江市長の佐々木勝久です。
国内の新型コロナウイルス感染症の感染拡大が止まりません。
福井県では、ここ1週間で128人の方が感染され、
本日6月24日から来月7月8日までを期間として、
福井県緊急事態宣言が発出されました。
今回の福井県緊急事態宣言を受け、
本市ではこれまでの感染対策をさらに徹底してまいります。
この度の緊急事態宣言発出によって
直ちに公民館等の公共施設利用についての新たな利用制限は行わず、
現在の利用基準を継続することとします。
また、部活動やスポーツ少年団等の活動の新たな制限もいたしません。
しかし、市内でも、ここ1週間で6人の方が感染するなど、
たいへん厳しい状況となっております。
今後の市内の感染状況によっては、
新たに制限を加える必要性が出てまいりますので、
市民の皆様におかれましては、十分に感染防止対策をとっていただきますよう、

改めて次のとおりお願い申し上げます。
・会食時、休息時を含めてマスクの着用を改めて徹底してください。
・家庭内においても、体調不良のご家族がいる場合は、マスクを着用してください。
・全都道府県との不要不急の往来を控えてください。
・体調不良の時は、迷わずに医療機関に電話相談してください。
・感染した時は、周りの人たちを守るため、保健所の調査に協力してください。

また、感染者・濃厚接触者や医療従事者ならびに
そのご家族や関係者のみなさまへの誹謗中傷や差別的行為は、
絶対にしないでください。

感染拡大を防止するには「チームさばえ」として
一丸となって取り組んでいかなければなりません。
皆様のご理解とご協力を切にお願い申し上げます。

 

令和3年6月17日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

6月14日60歳から64歳までの市民の皆様を対象として、
6月16日には、16歳から59歳までの市民の皆様を対象として、
新型コロナウイルスワクチンの接種券を送付させていただきました。
12歳から15歳の市民の皆様の接種券についても準備が整い次第、接種券を送付させていただきます。

なお、1日でも早く全市民の皆様がワクチン接種を受けられるように、
1回目の接種を8月18日から23日、2回目の接種を9月15日から20日までの期間において、
サンドーム福井での集団接種を追加実施することといたしました。
ただし、お手元に接種券が届きましても、
サンドームでの集団接種および59歳以下の方の集団接種予約受付は、6月21日からとなりますので、ご注意ください。

また、市では、児童や生徒が安全・安心に生活をおくれるよう、
学校の教職員や 保育所、保育園、こども園、児童センター等の職員について優先的にワクチン接種を行うことといたしました。

引き続き、新型コロナウイルス感染症の1日も早い終息に向けて、全力でワクチン接種に取組んでまいりますので、
市民の皆様におかれましても、最も有効な感染症対策であります、
会話時や会食時に、マスクを着用する「おはなしはマスク」の徹底をお願いします。

以上、市民の皆様には、引き続き、感染拡大防止に、「チームさばえ」一丸となって取り組むため、
ご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げます。

令和3年6月10日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

6月8日に北陸新幹線敦賀開業後も並行在来線の特急運行を存続するよう求めていた福井県が、
JR西日本との協議を断念したことを受けて、
鯖江市として今後の方針についてお話させていただきます。
この特急存続問題の原点を振り返れば、本市としては、北陸新幹線敦賀開業に向け、
関西・中京圏との往来・交流については、これまでの利便性を担保する意味で、
国が言及した富山・大阪区間を乗り換えなしで運行するとされていた
フリーゲージトレイン運行による収支採算性効果を前提条件にして、
新幹線整備事業を地元自治体として受け入れたものでございます。
しかしながら、JR側の技術的な問題からフリーゲージトレイン運行が断念されたことは、今もって遺憾であり、
新幹線の駅がない市として、無責任な要望をしているのではなく、県益を守る観点からも、
国の責任において特急サンダーバードおよび特急しらさぎの存続と並行在来線への乗り入れを強く求めてまいりました。
特急存続に向けた議論を県としては今後とりやめ、
並行在来線の利便性向上に努めていくとの結論が出たことに関しては、
誠に遺憾ではございますが受け入れざるを得ないものであると考えております。
本市としては、まちづくりとして並行在来線の鯖江駅、北鯖江駅の利便性向上に取り組んでいく方針であり、
今後の市民の幹線鉄道による移動利便性が向上し、まちづくりとして実を結ぶよう、
これら既存駅に対する国等への支援を強く求めていく考えでございますので、
市民の皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。

令和3年5月13日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けてお願いを申し上げます。
福井県では、4月23日以来、緊急事態宣言が発令されていましたが、
県内の感染状況を踏まえ、5月14日から感染拡大特別警報へと1段階引き下げられることになりました。
これに伴い、鯖江市におきましても、現在行っております、公民館等の公共施設の利用制限を、5月14日から緩和することといたします。
施設ごとの利用制限状況につきましては、市のホームページでご確認いただくか、各施設にお問い合わせください。
また、公共施設でのイベント等の開催状況につきましても、市のホームページまたは主催者へのお問い合わせによりご確認ください。

 しかし、一方で、国内においては、隣接する県を含め、6都府県に緊急事態宣言が、
8道県にまん延防止等重点措置が出されているなど、大変厳しい状況となっております。

そこで、市民の皆様には引き続き十分に感染防止対策をとっていただきますよう、改めてお願い申し上げます。

・昼食時、休息時を含めてマスクの着用を徹底してください。
・すべての都道府県との不要不急の往来を控えてください。
・体調不良の時は、迷わずに医療機関に電話相談してください。

 また、感染者・濃厚接触者や医療従事者ならびにそのご家族や関係者のみなさまへの誹謗中傷や差別的行為は絶対にしないでください。
以上、市民の皆様には、引き続き、感染拡大防止に、
「チームさばえ」として一丸となって取り組むため、
ご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げます。

令和3年5月7日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。


新型コロナワクチン接種についてお知らせいたします。
65歳以上の高齢者の皆様につきましては、すでに接種券がお手元に届いているかと思います。
封筒の中をよくご覧いただけましたでしょうか。

いよいよ、来週の月曜日、5月10日9時から予約の受け付けを開始します
全ての接種日につきましては、完全予約制となっておりますので、まずは予約していだきますようお願いいたします。

予約の方法につきましては、市のホームページや広報さばえ5月号、
広報さばえ5月号とともにお配りしましたチラシ「市民の皆さんへの大切なお知らせ」もご覧ください。

いくつか注意点を申し上げます。
個別接種は、かかりつけの医療機関に相談・予約を行ってください。
個別接種の開始日は、早い医療機関では5月26日となっております。
集団接種は、市のワクチン接種コールセンターへの電話、または、インターネットで予約を行ってください。
密を避けるため、コールセンターや市役所での対面による受け付けは行いませんのでご注意ください。
集団接種の開始日は、6月3日となっております。

なお、個別接種、集団接種ともに、二重に予約しないようお願いします。
また予約日時を控えておいてください。

鯖江市では、より安心して接種していただくために、かかりつけ医療機関での個別接種をおすすめしております。
かかりつけ医療機関がワクチン接種を行っていない場合でも、まずは、かかりつけの医師にご相談いただいた上で、
ほかの医療機関で個別接種していただくか、集団接種いただくことをおすすめいたします。

ご不明な点は、鯖江市ワクチン接種コールセンターへ電話でお問い合わせください。
電話が混雑しつながりにくい時があることも予想されますが、しばらく待ってからおかけ直しいただきますようご協力をお願いいたします。

この動画をご覧になった皆様へお願いです。
お近くで予約の方法がわからず困っている方がおられましたら、是非教えてあげてください。

感染拡大防止に、「チームさばえ」として一丸となって取り組むため、
可能な限り多くの皆様にワクチン接種を受けていただけるよう、皆様のご協力を切にお願い申し上げます。

令和3年4月23日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

新型コロナワクチン接種についてお知らせいたします。
本日4月23日、65歳以上の高齢者の皆様に接種券を発送させていただきました。
数日中にお手元に届くと思いますので、まずは、封筒の中をよく確認してください。
接種開始日は、病院等での個別接種は、病院により異なりますが、早い所では5月26日、公共施設での集団接種は6月3日となっております
鯖江市では、市民の皆様に不要な混乱がおきないよう、ワクチンが十分に確保できる時期から接種を開始することとしております。
冷静に今しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。
全ての接種日につきましては、完全予約制となっておりますので、
予約受付開始日の5月10日以降に、個別接種はご希望の病院等に電話で予約をお願いいたします。
集団接種は市のワクチン接種コールセンターへの電話、または、インターネットで予約を行ってください。

ただし、6月3日から22日までの集団接種につきましては、コールセンターへの電話でのみ予約受付となっております。
なお、鯖江市では、より安心して接種していただくために、かかりつけ病院での個別接種をおすすめしております。
かかりつけ病院がワクチン接種を行っていない場合でも、まずは、かかりつけの医師にご相談いただいた上で、ほかの病院で個別接種いただくか、集団接種いただくことをおすすめいたします。
ここで、予約や接種にあたってのお願いを申し上げます。
複数の医療機関を予約しないでください。
・連絡なしで接種をキャンセルしないでください。
・予約時間に遅れないでください。
・集団接種につきましては、会場の混雑を避けるため、予約時間より早すぎる来場はご遠慮ください。
・予約日以外で接種可能な日を準備してください。
また接種日当日は、
・肩まで袖が上がる服装でお越しください。
・予診票をあらかじめ記入しておいてください。

なお、ご不明な点は、鯖江市ワクチン接種コールセンターへ電話でお問い合わせください。
電話が混雑しつながりにくい時があることも予想されますが、しばらく待ってからおかけ直しいただきますようご協力お願いいたします。
以上、御理解いただきまして、感染拡大防止に、「チームさばえ」、一丸となって、取り組むため、可能な限りワクチン接種を受けていただきますよう切にお願い申し上げます。

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

鯖江市長の佐々木勝久です。
国内の新型コロナウイルス感染症の感染拡大が止まりません。
福井県では、ここ1週間で133人の方が感染され、昨日4月22日から来月5月13日までを期間として、福井県緊急事態宣言が発出されました。
市内でも、ここ1週間で11人の方が感染し、小学生への感染も確認されるなど、厳しい状況となっております。
そこで、市民の皆様に十分に感染防止対策をとっていただきますよう、改めてお願い申し上げます。
・昼食時、休息時を含めてマスクの着用を改めて徹底してください。
・ゴールデンウィークの帰省を含めて、全都道府県との不要不急の往来を控えてください。
・県外と往来したご家族がいる場合は、家庭内でも2週間はマスクを着用してください。
・体調不良の時は、迷わずに医療機関に電話相談してください。
・感染した時は、周りの人たちを守るため、保健所の調査に協力してください。
また、感染者・濃厚接触者や医療従事者ならびに
そのご家族や関係者のみなさまへの誹謗中傷や差別的行為は
絶対にしないでください。

なお、鯖江市では、市民の皆様の命と生活を守るため、最大限の感染拡大防止策を講じてまいります。
現在、感染が拡大している変異株は、無症状の方が多く、知らないうちに感染を広げているケースがありますので、極力、人と人の接触を抑制しなければなりません。
そこで、来月5月13日までの緊急事態宣言の期間、公民館等の市内公共施設について利用制限を行います。
それに伴い、公共施設でのイベント等も延期または中止されることになります。詳しくは市のホームページでご確認いただくか、各施設や主催者にお問い合わせください。

 市民の皆様には、大きな我慢をお願いすることになりますが、感染拡大を防止するには「チームさばえ」として一丸となって取り組んでいかなければなりません。
皆様のご理解とご協力を切にお願い申し上げます。

令和3年4月16日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

鯖江市長の佐々木勝久です。
国内の新型コロナウイルス感染症の感染拡大が止まりません。
福井県では、ここ1週間で56人の方が感染され、本日から来月9日までを期間として、感染拡大特別警報が発令されました。
市内でも感染が確認されておりますので、市民の皆様は十分に感染防止対策をとっていただき、感染拡大防止にご協力をお願いします。

そこで、ゴールデンウィークも控える中、改めて市民の皆様にお願い申し上げます。

・お話しする際はマスクの着用を徹底してください。
・飲食店ではマスク会食に努めてください。
・まん延防止等重点措置実施地域との不要不急の往来は控えてください。
・体調不良の時は、迷わずに医療機関に電話相談してください。
・感染した時は、周りの人たちを守るため、保健所の調査に協力してください。
・GWに鯖江に帰省される人は、帰省2週間前から、多人数での会食を控えるなど、感染リスクの高い行動を控えてください。
・帰省の前後を含めて、毎日検温するなど体調管理を徹底し、体調不良の場合は帰省を控えてください。
・帰省後は、家庭内でも、できるだけマスクを着用してください。
・帰省中に体調不良となった場合は、外出や会食を控え、速やかに受診・相談センターに連絡し、指示に従って受診してください。

また、感染者・濃厚接触者や医療従事者ならびにそのご家族や関係者のみなさまへの誹謗中傷や差別的行為は絶対にしないでください。

なお、現在、鯖江市ではワクチン接種の準備を進めております。
現在は65歳以上の方で高齢者施設などに入所されている方を対象に接種を進めております。
また、今月23日から65歳以上の高齢者に接種券を発送し、5月10日から接種日の予約を受け付けます。
医療機関での個別接種は5月下旬から、体育館等での集団接種は6月中に始める予定です。
鯖江市といたしましては、市民の皆様に不要な混乱を起こさないようにワクチンが十分に確保できる時期の中で、
最も早いタイミングでのスケジュールとさせていただいておりますので、御理解いただき、
冷静に今しばらくお待ちいただきますよう、お願いいたします。

以上、感染拡大防止に、「チームさばえ」、一丸となって、取り組んでいただきますよう、切にお願い申し上げます。

令和3年1月8日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

鯖江市長の佐々木勝久です。
国内の新型コロナウイルス感染症の感染拡大が止まりません。年末年始、昼夜を問わず治療にあたっていただいております医療従事者の皆様をはじめ、感染リスクの高い中で様々な業務に携わっていただいております関係者の皆様に、心より感謝申し上げます。ありがとうございます。
昨日、全国で7,500人を超える感染者が確認され、首都圏1都3県に緊急事態宣言が発令され、他の地域においても要請が出されるような状況になっています。
福井県でも、「感染拡大注意報」が発令されました。市民の皆様に、改めてお願い申し上げます。
・緊急事態宣言対象地域をはじめとする県境をまたぐ不要不急の往来は控えてください。
・緊急事態宣言対象地域への出張は、オンラインへの代替えを検討していただいたり、テレワークの一層の推進、勤務時間後の会食や休憩室等でのマスクを外した状態での会話に特に注意するなど職場における感染対策の徹底をお願いします。
・会食は、飲食店・自宅など場所に関わらず、「感染リスクを下げる工夫」をして楽しんでください。そして、普段一緒にいない人との会食は、「静かなマスク会食」を徹底してください。

一人一人が感染対策をしっかりとっていただくことで、自分自身だけでなく、大切な家族、友達、同僚を守ることが出来ます。
うつらない、うつさない。
明日から3連休の方も多くいらっしゃると思います。
10日には、成人式も予定されております。旧友との再会を楽しみたいとのお気持ちは重々理解出来ますが、家族でお祝いしていただくなど、成人式に参加される皆様には、大人の自覚を持った行動をお願いします。
市民の皆様には、マスクの着用、こまめな手洗いや消毒、換気の徹底と「三密」を回避する等の感染対策を徹底していただき、感染拡大防止に、「チームさばえ」、一丸となって、取り組んでいただきますよう、切にお願い申し上げます。
最後になりますが、感染者・濃厚接触者や医療従事者ならびにそのご家族や関係者のみなさまへの誹謗中傷や差別的行為は絶対にしないようお願いいたします。

令和2年12月18日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

鯖江市長の佐々木勝久です。
医療従事者の皆様には、年末年始も関係なく、新型コロナウイルス感染症の治療にあたっていただき、市民の命を守っていただいておりますことに、感謝と敬意を申し上げます。
福井県では、1月11日まで「年末年始感染対策徹底期間」として、感染防止対策の再徹底を呼び掛けています。特に、お子様やお孫さんが県外から帰省する場合は、感染リスクの高い行動を控えていただき、体調管理を徹底するなど、帰省の2週間前から感染対策をしっかりとっていただくよう、呼びかけをお願いいたします。
年末年始には、お子さんやお孫さんとの再会を楽しみにされている方がたくさんいらっしゃると思います。楽しく、笑顔で新年を迎えることが出来ますよう、お一人おひとりが気を付けていただきますよう、お願いいたします。
今年も残すところ2週間となりました。どうか、ご家族おそろいで良いお年をお迎えになられることを祈念するとともに、来年は、新型コロナウイルス感染症が終息し、「マチ」も「ヒト」も笑顔で元気が戻る1年になることを期待しております。
今年1年、新型コロナウイルス感染症の治療にあたっていただきました医療従事者の皆様、保育施設や介護施設など様々な業種の皆様には、大変ご苦労をおかけした1年になりました。心より、感謝申し上げます。ありがとうございました。まだ、しばらくこのような状況が続くと思いますが、来年もよろしくお願いいたします。

※感染者・濃厚接触者や医療従事者ならびにそのご家族や関係者のみなさまへの誹謗中傷や差別的行為は絶対にしないようお願いいたします。

令和2年12月10日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

鯖江市長の佐々木勝久です。
国内での新型コロナウイルス感染症の感染拡大が止まりません。重症者や残念ながらお亡くなりになられる方が増えております。治療にあたっていただいている医療従事者の皆様や関係する機関の皆様に感謝申し上げます。
福井県から出されていた、新型コロナウイルス感染症拡大注意報は、12月17日まで延長されました。市内での感染者は、11月25日以来、確認されておりませんが、今一度、マスク着用や県外訪問先などにおける感染対策などの再徹底をお願いいたします。
また、事業所の皆様には、職場における感染対策を徹底するため、対策責任者を定め、改めて感染対策の実施状況をチェックすることや市や県の助成金を活用していただき、アクリル板の設置など感染対策の強化、そして、年末年始の通例行事の日程を変更するなど、三密回避、休暇分散取得にもご協力いただきますよう、お願いいたします。
師走に入り、何かと慌ただしくお過ごしのことと思いますが、皆様が、笑顔で、年末年始を迎えるために、移らない、移さない。感染拡大防止に「チームさばえ」、一丸となって取り組みましょう!
そして、感染者・濃厚接触者や医療従事者ならびにそのご家族や関係のみなさまへの誹謗中傷や差別的行為は絶対にしないようお願いいたします。

令和2年11月20日(手話通訳付)

サムネイル
画像をクリックすると動画(YouTube)を見ることができます。

鯖江市長の佐々木勝久です。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大が止まりません。
福井県では、ここ1週間で24人の方が感染され、新型コロナウイルス感染症拡大注意報が発令されており、市内でも2人の方の感染が確認されております。
明日から3連休の方も多くいらっしゃると思います。
既にお出かけを計画されているご家庭もあると思いますが、感染予防を徹底してお出かけいただき、特に、感染拡大注意地域へ往来される場合には、慎重な行動をお願いいたします。
これから年末を迎え、忘年会など飲食を伴う懇親会の機会が増えることが予想されます。市民の皆様には、マスクの着用、こまめな手洗いや消毒、換気の徹底と「三密」を回避する等感染対策を徹底していただき、皆様が、笑顔で年末年始を迎えられるよう、感染拡大防止に「チームさばえ」一丸となって取り組んでいただきますよう、切にお願い申し上げます。
そして、感染者・濃厚接触者や医療従事者ならびにそのご家族や関係者等のみなさまへの誹謗中傷や差別的行為は絶対にしないようお願いいたします。

お問い合わせ

このページは、秘書広聴課が担当しています。

〒916-8666 鯖江市西山町13番1号(市役所本館3階)

秘書広報広聴グループ
TEL: 0778-53-2202(秘書)
TEL: 0778-53-2203(広報)
FAX:0778-51-8161

このページの担当にお問い合わせをする。

情報がみつからないときは

サブナビゲーションここまで

鯖江市章
〒916-8666 福井県鯖江市西山町13番1号
TEL:0778-51-2200(代表)
FAX:0778-51-8161
  • 鯖江市の花・木・鳥
    つつじ・さくら・おしどり
  • 人口と世帯
  • 鯖江市の動物レッサーパンダ
    メガメガ・ウルウル
トップへ戻る
Copyright (c) Sabae City. All Rights Reserved.
このページのトップに戻る