このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動




サイトメニューここまで
本文ここから

令和2年6月

ページ番号:279-871-438

最終更新日:2020年6月19日

若狭牛の放牧が始まりました(6月1日)

イノシシによる農作物被害対策と雑草管理労力を軽減するため、河和田東部美しい山里の会は、妊娠中の若狭牛2頭を沢町の民地に放牧しました。今年で14回目となる放牧で、10月下旬までを予定しています。

登下校時の安全を見守ります(6月1日)

鯖江署と青少年健全育成鯖江市民会議から、鯖江東小学校に「子どもの安全見守り中」と記載された車両用ステッカーが寄贈されました。教員による登下校時の見守りパトロールなどに役立てられます。

災害時の多様な避難場所確保へ(6月3日)

災害時に宿泊施設を避難所として提供してもらう県内初の協定を県旅館ホテル生活衛生同業組合鯖江支部と締結しました。高齢者や障がい者などの要配慮者への円滑な宿泊施設への避難支援を目指します。

大きい!艶やか!吉川ナスの出荷が始まりました!(6月10日)

市の伝統野菜「吉川ナス」が初出荷され、道の駅西山公園の売り場には、ソフトボールほどの大きさの黒々と艶を放った吉川ナス約150個が並びました。吉川ナスは皮が薄くしまった肉質で煮崩れしにくいのが特徴で、和・洋・中・イタリアンなど幅広く利用できます。市内の農家有志で結成された「市伝統野菜等栽培研究会」が栽培し、年々栽培技術の向上に伴い収穫量も増え、2016年には国の地理的表示(GI)保護制度に登録されています。上質な吉川ナスは、10月末まで出荷されます。

コロナに負けない!クッキーで応援(6月11日)

コロナ禍のなかで頑張っている園児たちや保育士を元気づけようとNPO法人ハートオブマインドさんから公立保育所・こども園の9園にレッサーパンダのイラスト入りクッキーが贈呈されました。

晴天の下、校区を歩いて歴史を学ぶ(6月16日)

 この日、惜陰小学校の6年生を対象に、校区内の文化財を実際に見ながら鯖江の歴史を学ぶ校外学習が行われました。児童らは古代(王山古墳・舟津神社)、近世(松阜神社・車の道場)、近代(恵美写真館・旧鯖江地方織物検査所)の3グループに分かれ、それぞれの文化財の歴史とともに、鯖江の地名の由来や鯖江藩ができた経緯などを学びました。児童らは初めて知る歴史に興味津々な様子で、学習後には「知らないことばかりで驚いた。これから授業で歴史を学ぶのが楽しみ」と笑顔で話していました。

お問い合わせ

このページは、秘書広聴課が担当しています。

〒916-8666 鯖江市西山町13番1号(市役所本館3階)

秘書広報広聴グループ
TEL: 0778-53-2202(秘書)
TEL: 0778-53-2203(広報)
FAX:0778-51-8161

このページの担当にお問い合わせをする。

情報がみつからないときは

サブナビゲーションここまで

鯖江市章
〒916-8666 福井県鯖江市西山町13番1号
TEL:0778-51-2200(代表)
FAX:0778-51-8161
  • 鯖江市の花・木・鳥
    つつじ・さくら・おしどり
  • 人口と世帯
  • 鯖江市の動物レッサーパンダ
    メガメガ・ウルウル
トップへ戻る
Copyright (c) Sabae City. All Rights Reserved.
このページのトップに戻る