鯖江メガネファクトリー

logo-facebook-f3.jpglogo-facebook-f3.jpg

HOME > メガネザンマイ > 061 Dirocca

61title.jpg
1.jpg
「メガネ会社がアクセサリー業界に進出!?」
メガネの素材であるアセテートで作ったアクセサリーが話題になっています。一点一点丹精に磨き上げられたその光彩はまるで色を手に入れた水晶を眺めているよう。仕掛けた企業はメガネの材料商社である株式会社キッソオ。メガネ会社がなぜアクセサリーを?それには深い理由がありました。今回はメガネという枠にとどまらず、異分野業界に挑戦する吉川精一専務にお話を伺いました。

挑戦することで未来を切り開く

--御社で作られているアクセサリーが注目されていますが。
3.jpgマツケリのアセテートを積層させて磨き上げる弊社はイタリアの「Mazzucchelli1849(マツケリ)社」が製造しているアセテート生地を取り扱っていますが、マツケリの製品は発色が美しいことで有名です。その生地と眼鏡の技術をコラボレーションさせたアクセサリーブランド「Dirocca(ディロッカ)」を展開しています。

--なぜアクセサリーの分野に進出を?
メガネの材料屋に何ができるのかと不安でしたが、ちょうどその頃、福井県眼鏡工業組合青年部会内でメガネの技術を使って異業種進出にチャレンジする「ギフト組」が立ち上がり、弊社も参加させてもらいました。このプロジェクトでは「自分たちが作ったものを自分たちで売ろう」という目標のもと、毎回講師を呼んで勉強会をおこない、ブランディングや販売について学びました。ギフト組でのこの活動がなければ今はなかったですね。

--そこでアイデアが生まれたわけですね。
4.jpg輝くような発色が美しいリング弊社が勝負できるものはなんだろうと日々考えていました。そこで目を向けたのが弊社の扱っているマツケリのアセテートでした。イタリアに工場があるマツケリの生地はデザインの美しさ、色の多さ、輝くような発色が特徴です。これを生かしたモノで、付加価値が高い商品は・・・と考え、辿り着いたのがアクセサリーでした。リングを試作し、試しにIOFT(アジア最大級のメガネの国際総合展)に持っていきました。そうすると思いのほか反応がよかったんです。その場で売るつもりはなかったんですが、どうしても店で販売したいという小売店に7つ持って帰ってもらったところ後日、「全部売れた」という連絡が。そのときは本当に嬉しかったですね。

6.jpg

産地が背中を押してくれた。

--お客さんの反応が決め手になったわけですね。
7.jpg吉川精一専務「よしっ、これならいける!」と本格的に開発することを決めました。ハウスブランドの立ち上げにあたりノウハウが全くなかったので、既にハウスブランドを持たれている鯖江の眼鏡会社の経営者の方々に相談にいき、商品のストーリー性の大切さ、カタログの作り方、販売方法についていろいろ教えていただきました。本当に親身に相談に乗っていただきありがたかったですね。

--良き先輩がいらっしゃった。
皆さんの支えがなかったら厳しかったと思います。もう一つ大きな後押しとなったのがメガネミュージアムのオープンですね。ギフト組の活動が1年経った頃のことで、各社開発した商品もいくつか揃っていたんですが、売り場がなかった。その時、ギフト組の活動を知っていた福井県眼鏡協会の黒田会長から「メガネミュージアムにコーナーを作ってあげよう」と提案していただきました。メガネを売るためのショップなので雑貨やアクセサリーをおく必要があるのかと反対の声もあった中、スペースを設けてもらいました。そのお陰で実際売れましたし、口コミで商品の評判も広がっていきました。今では反対していた方の理解も得ることができ、応援していただいてます。メガネミュージアムでの販売が大きなステップアップになりましたね。


8.jpg

『イタリアの美』+『鯖江の技術』のコラボレーション

--Diroccaとはどういう意味なんですか?
11.jpg職人の葵 多聞氏「Dirocca」のroccaとは、イタリア語で塊りや結晶を意味する言葉です。それに「~の」を意味する前置詞をプラスし、「あなたの思いの結晶(塊り)」という意味を込めたネーミングです。






--自社で制作しているのですか。
9.jpg人気の細身ブレスレットそうです。マツケリ社のアセテートを独自の製法により3~5枚積層させ貼り合わし、1つ1つ削りだし、磨き上げて作っていきます。磨けば磨くほどツヤが出るので、万が一使っていて傷が入っても、磨けば美しい光沢を蘇らせることができます。また職人が一つ一つ手作業で作っていくので、模様の出方が微妙に違い世界で一つだけの商品になります。ちなみにアセテート生地は綿花からできた植物由来の樹脂素材ですので肌に優しいんですよ。現在はリング・ブレスレット・ルーペ・バングル・ペンダントといった商品を製造、販売しています。全国の眼鏡小売店を中心に約100店舗に置いてもらっています。

-- とても色が鮮やかですし、オシャレですね。欲しいです!
10.jpg色彩とフォルムが美しいルーペまさにそれが大事です!消費者がモノを買う際に判断する基準は、結局好きか嫌いか、欲しいか欲しくないかです。だからこそDiroccaは直球勝負。アクセサリーなので直感的に好き、かわいいって思ってもらえるものづくりを心掛けています。ちなみに女性に人気ですが、男性にも合う柄も揃えていますよ。






-- これからの展望を教えてください。
12.jpg男性向けのブレスレット。ずばり地元のソウルフードみたいな存在になりたいですね。福井の食べ物といえば秋吉・ソースかつ丼をイメージするでしょう。同じようにアクセサリーならDiroccaと言われるようになりたいです。

--吉川専務の瞳もまるでDiroccaのように輝いてますね。
僕には夢があって、鯖江に人を呼ぶことなんです。人が来ることによって街が活性化するわけで、僕は鯖江がそういう街になるようにしたいと思っています。そのためには常にアクションを起こさないといけないですし、言うだけなら簡単なので行動を伴ってこれからも挑戦し続けたいですね。


-- 本日はどうもありがとうございました。

13.jpg13.jpg15.jpg15.jpg

株式会社キッソオ/ KISSO
〒916-0019 福井県鯖江市丸山町4丁目305番2
TEL. 0778-54-0355
FAX. 0778-54-0383
KISSO website http://kisso.co.jp/
Dirocca公式website http://www.diroccajapan.jp/

【index】

#01 レキシインタビュー
#02 BOSTON CLUB デザイナー一問一答
#03 BOSTON CLUB デザイナーの一日
#04 メガネっ娘&メガネ男子コンテスト(予告)
#05 メガネっ娘&メガネ男子コンテスト
#06 iOFT2007
#07 藤田晋インタビュー
#08 東京直営店取材
GLOSS
FACIAL INDEX NEW YORK
#09 opt duo
#10 田中眼鏡
#11 奥田民生インタビュー
#12 ROOTS
#13 sios
#14 田中久美子インタビュー
#15 JUMIX Glasses Reform
#16 G.A.YELLOWS
#17 浪漫堂
#18 iOFT2008
#19 MASUNAGA1905
#20 GLASS GALLERY 291
#21 GATHERED
#22 KISSO
#23 THE291
#24 サン・オプチカル
#25 アウターモーストデザイン
#26 日本眼鏡普及光学器検査協会
#27 Factory900
#28 BACKSTAGE
#29 メガネの現場見学ツアー
#30 株式会社晃梅
#31 iOFT2009
#32 GLOSS GINZA
#33 Bros Japan CO.,Ltd.
#34 株式会社乾レンズ
#35 めがね会館&GG291
#36 オプティック・マスナガ
#37 鯖gumo
#38 オナガメガネ
#39 有限会社グラン
#40 カメマンネン株式会社
#41 GATHERED福井駅前店
#42 iOFT2010
#43 GLASS GALLERY 291
#44 プラスジャック株式会社
#45 タナカフォーサイト株式会社
#46 アンティークメガネコレクター
#47 薮内 義久インタビュー
#48 Micedraw Tokyo
#49 59 HYSTERIC
#50 株式会社アサヒオプティカル
#51 メガネデザイナー出張授業
#52 miruhivi cafe
#53 有限会社ジョイントオプチカル
#54 iOFT2011
#55 金子眼鏡店 羽田空港国際線ターミナル店
#56 隆織
#57 SABAE・OPT
#58 元
#59 チタンクリエーター福井
#60 Onbeat
#61 Dirocca
#62 opt duo×東陽中学校「メガネデザイン特別授業」
#63 佐藤卓×酒井一インタビュー
#64 iOFT2012
#65 PAPERGLASS/ペーパーグラス
#66 studio skyrocket
#67 やじろべえメガネ
#68 iOFT2013
#69 杉本圭
#70 株式会社サンルックス
#71 iOFT2014【前編】
#72 iOFT2014【中編】
#73 iOFT2014【後編】
#74 FOCUS 2014 at CLASKA
#75 iOFT2015【前編】
#76 iOFT2015【中編】
#77 iOFT2015【後編】
#78 DEEC/1Ban
#79 iOFT2016【前編】
#80 iOFT2016【中編】
#81 iOFT2016【後編】