鯖江メガネファクトリー

メガネデザイナー出張授業

7月13日に鯖江中学校にて、中学2年生を対象にした眼鏡のデザインの授業が行われました。眼鏡フレームメーカー「シャルマン」のデザイナーの皆さんが講師として招かれ、子どもたちは思い思いに『自分が掛けたいサングラス』のデザインに挑戦しました。今回のメガネザンマイでは、授業風景をレポート&株式会社シャルマン・チーフデザイナーの高橋和司氏にお話を伺いました。

 

8:45授業スタート

眼鏡のデザイナーってどんな仕事?

まずは生徒の皆さんが集まって、5人のメガネデザイナーと初対面!

チーフデザイナー 高橋和司さん

チーフデザイナーの高橋和司さんはなんと冒頭から英語での挨拶!しかも頭にはおしゃれなサングラス。デザイナーってなんだかおしゃれで遠い存在…?

そんな高橋さんから、デザイナーが普段どんな仕事をしているのか分かりやすく説明を受けました。一見華々しいイメージのするデザイナーのお仕事ですが、実はとても身近で、誰にだってなれる可能性のあるお仕事なんですね。

 

9:00 夢のサングラスに挑戦!

アイデアをたくさん出してみよう!

デザイナーの皆さんの自己紹介を終えると、早速クラスに分かれてデザインに挑戦!今日のテーマは「自分が掛けたいサングラスのデザイン」

デザイナー福田 真理子さん

サングラスなんて普段なかなか掛け慣れていない生徒の皆さんはちょっと困惑気味。

そんな事もあろうかと、デザイナーさんが様々なサングラスや写真を持ってきてくださっていました!

「ちょっとアイデアが湧いてきたかも…?」

デザイナー小坂田 雄

アイデアを思い付いたら早速紙に描いてみよう!配られた紙にはフレームの形のような点線が。あらかじめガイドとなる線があるので描きやすそうです。

手が止まっている子には高橋チーフがすかさずアドバイス!

 

9:35 休み時間

男の子たちはデザイナーの皆さんが参考に持ってきてくださったサングラスを掛けまくっています。

「似合わない(笑)!」

こんな面白い形もあるんだ。

「イケてるでしょ!?」

 

9:45 デザイン画を描いてみよう

紙にデザイン画を清書しよう!

1時間目に出したサングラスのアイデアの中から、気に入ったものを一つ清書します。今度は色も付けて、より魅力的に描いていきます。

それにしても、皆さん真剣です。

集中しています。

でも楽しい!

ちなみに、クラスによってデザインにもカラーがありました。こちらのクラスでは、実用的でスタイリッシュなサングラスが多い中、他のクラスでは傘がついていたり熊がついていたりユニークなメガネが目立ちます。どのメガネも面白い!

デザイナー水野 忠佳

 

10:30 完成!

みんなのサングラスを発表!

講師のデザイナーさんが、完成したデザイン画の中から一押しのサングラスをピックアップしてくれました。「デザインを通して何を伝えたいかテーマをはっきりさせるのがとても大切。」と語るデザイナーさん。

デザイナー 高間 栄一郎

当日取材に着ていたテレビ局の方からも取材されていました!生徒の皆さんは、今日一日で初めての経験をたくさんしましたね。

しかも、今回のデザイン画を講師のデザイナーさんたちが3D化し(一部の生徒作品のみ)、全員のデザイン画と一緒に文化祭で展示されるそう!お楽しみに!  
■後日、3D化されたデザイン画が文化祭で展示されました。3Dデザイン画を見る→




 

■後日、3D化されたデザイン画が文化祭で展示されました。
  3Dデザイン画を見る→

その1 その2