鯖江メガネファクトリー

ゲンバシュギ

 
 

メガネの試作経験をもつ、有限会社 カツキ眼鏡の社長・勝木信弘氏(以下 勝)。現在はその経歴を生かして、メガネの開発、販売を行っている。「これからは、作るだけでなく、”売る”ということをしていかなくてはならない。」と語る勝木氏。メガネ産地・鯖江への想いを伺った。

ワイヤーカットとは?



--まず、お仕事の内容を教えてください。

勝)メガネの開発と加工、販売を行っています。

--御社はメガネづくりに特殊なカット方法を採用していると伺ったのですが?

勝)ワイヤーカットといいます。プレス加工と違って、金型が不要で、小ロットにも対応できます。プログラムにより進行方向を設定し、金属線(ワイヤー)に放電しながら切断していきます。当初チタンに対応したプログラム設定がなかったため、自分でプログラミングすることに非常に苦労しました。

--こんなに細いワイヤーを使うんですね!

勝)それだけ小さな部品も簡単にカット出来ます。ワイヤーは一度使うと、再利用は出来ないんです。そこがコストの掛かるところですが、図面さえあれば機械が切断してくれるので、生産性は糸ノコよりも格段に良いですね。

--このカット方法は、眼鏡製造では一般的な手法なのですか?

勝)ほとんど使われていませんね。加工できる職人さんが少ないんです。機械での切断は、金属のひずみやズレが生じることから失敗することが多々あります。こればっかりは何回やっても感覚で覚えないと難しいですね。

 

 

メガネは工芸品

--苦労されていることはありますか?

勝)メガネは伝統産業ですからね。技術者の持つ感性や表現力、環境で全く異なるものが出来上がります。感性の部分でクライアントと合わないと、いくら完成度の高いものを作っても、クライアントは納得してくれない。そんな中、常に同じものを作るというのはとても苦労します。

--お仕事をしていて、こだわりはありますか?

勝)お客様の要望に出来るだけ柔軟に対応しています。私自身、以前に試作の仕事をしていましたから、お客様が求める全体のイメージや風合いを把握することに努めています。お客様と、理想のメガネを求めて切磋琢磨出来る関係が理想ですね。そうすればもっと鯖江産地は良くなるでしょうね。

--この業界でがんばっている若い人に対して何かメッセージはありますか?


勝)どうですか?メガネ会社に就職してみたいですか?今、眼鏡業界が中国に押されているのは、自ら作った製品を自らが売るという力を付けてこなかったからかもしれません。だから、今後産地を担う若い人には鯖江産地が持つ優れた技術を、お客様に上手くPRする術を身に付けていただく必要があると思います。鯖江産地には、誇れる技術がたくさんあると思うんです。この技術を持ってすれば、十分に異分野にも進出できると思いますし、産業観光などにも活用できると思いますね。ただ、技術があるだけで、アピールが出来なければ意味がない。これからは「作って、売る」ということが必要だと思います。それには、市や産地全体で取組む必要があると思いますね。

--最後に、今後の展望は?

勝)実は最近、メガネで培った技術を用いて、箸を開発してみました。

--箸ですか?

勝)眼鏡の材料として今や主流となったチタンを使った「かつき箸」です。軽さ・強さ・錆びにくいというチタンの特徴を活かしました。メガネだけに固執することなくこういった新しいことにも挑戦していきたいですね。

 
hand

  • 勝木信弘 Nobuhiro KATSUKI
  • 業   種:ワイヤーカット職人
  • 生年月日:1967年1月1日
  • 社   名: 有限会社 カツキ眼鏡
  •        1981年創業/従業員数 18 人
  • ホームページ:http://www.katsuki.jp/

  •