最終更新日:平成25年7月9日

住民基本台帳ネットワークシステム

市民窓口課 住民届出・証明グループ SC-Madoguchi@city.sabae.lg.jp
電話番号:住民届出・証明グループ0778-53-2206
消費生活センター    0778-53-2204

●住民基本台帳ネットワークシステムとは 
 住民基本台帳ネットワークシステムとは、氏名・生年月日・性別・住所の4情報、住民票コードとこれらの変更情報により全国共通の本人確認を可能とする地方公共団体共同のシステムで、電子政府・電子自治体を実現するための基盤となります。
 今後、行政機関(国・地方公共団体など)では、住民の皆様に『住民票の写し』を提出していただいていた各種の届出・申請の際に、『住民票の写し』の代わりにネットワークシステムにて、氏名・生年月日・性別・住所等の本人確認情報を受けることが可能となります。

 住民票コードは、ネットワークシステムからの情報を正確・迅速に取り出すために必要不可欠であり、住民の皆様には平成14年8月5日以降、当市役所から通知いたしております。
(※外国人住民の方には、平成25年7月8日以降通知されます。)

 通知されました住民票コードは、今後、行政機関への届出・申請の際に求められることがありますので、大切に保管してください。

 
 
●住民票コードについて 
・行政機関が利用できる事務についても、法律で具体的に規定されています。
・住民票コードを民間にて使用することは、法律で禁止されています。
・住民票コードは、市役所へ申し出ることにより変更できます。



(注意)
 行政機関によって、住民基本ネットワークシステム利用の開始時期が異なるため、住民票の写しが不要になる時期が事務によって異なります。 また、住民票の写し・市長の証明書等は不要となっても、他の添付書類では引き続き必要なものもあります。詳しくは、各行政機関にてお問い合わせください。

 詳しい情報はこちら


※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、運営元までお問合せ下さい。

ID:000289

このページのトップへ戻る