最終更新日:平成28年1月8日

介護保険住宅改修について

長寿福祉課 介護保険グループ SC-ChojuFuku@city.sabae.lg.jp
電話番号:高齢福祉グループ 0778-53-2219
介護保険グループ 0778-53-2218
地域包括支援グループ 0778-53-2265

@手すりの取り付け

A段差の改修(固定式スロープの設置、敷居の撤去、床のかさ上げ等)

B滑りの防止、移動の円滑等のための床または通路面の材料の変更

C引き戸等への扉の取り替え(開き戸から引き戸等への取替え)

D洋式便器等への便器の取り替え(和式から洋式便器への取替え)

・その他これらの各工事に付帯して必要な工事

※新築の場合、すべて対象外になります。
※住民票と異なる住所地での改修や、入院・施設入所中の住宅改修は、原則として対象になりません。 





 要介護・要支援認定を受けている方



 一つの住居につき18万円(または16万円)を支給上限額として、かかった費用の9割(または8割)が支給されます。 
支払い方法には、償還払いと受領委任払いの2種類があります。

【償還払い】
 利用者が一旦費用の全額を支払い、その後、市に申請して、保険給付分が支給されます。
【受領委任払い】
 利用者は登録事業者に自己負担分のみを支払い、残りの保険給付分は、利用者からの委任に基づき、市から直接登録事業者に支給します。


 ※給付を受ける際は、工事着工前に事前申請を行う必要があります。住宅を改修する前に、必ず担当ケアマネジャーにご相談ください。




 @ 介護保険居宅介護(介護予防)住宅改修費受領委任払承認申請書 
   【※受領委任払いの場合のみ】
   (登録事業者の同意が必要となります。)
 A 住宅改修が必要な理由書
 B 工事費見積書、内訳書 
 C 施工前と施工後の状態がわかる平面図、拡大図、側面図
 D 日付の入った施工前の改修予定箇所の写真
 E 製品カタログのコピー等 
 F 承諾書(被保険者が住宅所有者ではない場合)



 @ 介護保険居宅介護(介護予防)住宅改修費支給申請書
 A 受領委任払承認決定通知書の写し【※受領委任払いの場合のみ】
 B 請求書、工事内訳書 
 C 自己負担分の領収書の原本
     ※A4用紙に糊付けして提出してください。
 D 日付の入った施工後の改修箇所の写真
 E 委任状(本人の口座以外に振り込む場合)





※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、運営元までお問合せ下さい。

ID:001079

このページのトップへ戻る