最終更新日:平成27年6月15日

要介護高齢者住宅改造助成事業

長寿福祉課 高齢福祉グループ SC-ChojuFuku@city.sabae.lg.jp
電話番号:高齢福祉グループ 0778-53-2219
介護保険グループ 0778-53-2218
地域包括支援グループ 0778-53-2265

内容


在宅の高齢者等に対して行う住宅改造(市が認めた家屋内と家屋周辺環境の高齢者対応改修工事)の費用の一部を助成します。


対象者


@要介護3〜5と認定された鯖江市在住の在宅者
A要介護1または要介護2と認定された在宅者で、かつ、次のいずれかの要件を満たす方

ア 車いすを利用する方
イ 障害等級が1級または2級に相当する上肢不自由者
ウ 障害高齢者の日常生活自立度がA、BまたはCに該当する方
エ 認知症高齢者の日常生活自立度がV、WまたはMに該当する方


助成額


改造費用の中で助成対象となる経費の9割※とし、その額が80万円を超えるときは80万円を限度とします。

※一定以上の所得を有する65歳以上の方は8割


利用限度


1人1回限り。


対象工事


・廊下・トイレ・浴室・居室・玄関・ポーチおよび玄関から一般道路までの住宅周辺部分等の拡幅
・車イス使用等による適切な高さまたは身体状況に適した洗面台・流し台・ガス台・調理台への取替え
・レバー式蛇口等への取替え
・階段昇降機の設置
・段差解消機の設置
・移動改善のための扉新設
・移動困難である場合の居室周辺へのトイレの移設
・テーブル生活等のための床材変更
・転倒時等のけが予防等を目的とした床または壁材等の変更
・電気スイッチ等の高さの変更および身体状況に適した電気スイッチ等への取替え
・訪問介護員等の出入りのための勝手口の設置
・寝室内への便器の設置および設置に伴い必要となる給排水工事
・福祉用具(手すり、スロープ、移動用リフトのうち、介護保険が適用される福祉用具貸与に該当するもの)設置のための壁、床または天井等の補強工事
・福祉用具設置のための設置場所の拡幅および段差の解消等
(注)介護保険住宅改修保険給付の対象(例:手すり取付、段差解消、滑り防止、洋式便器交換等)は除きます。
 


申請等


工事着工には事前申請が必要です。詳しくは、長寿福祉課または担当の介護支援専門員にお尋ねください。


※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、運営元までお問合せ下さい。

ID:001054

このページのトップへ戻る